2017年6月19日 (月)

ハワイの前の和食 横須賀「信濃」

今週末からハワイ島8泊+オアフ島7泊、孫連れのハワイです。
ハワイの和食レストランは高くておいしくないので、行きません。
コンドに泊まりますのでキッチンがあります。朝食はさとうのごはん、インスタントみそ汁、海苔、ふりかけなどで時間とコストをカットしています。

なので、ハワイに行く前はいつも和食ばかり食べています。
行きつけの「信濃」という店です。

刺身三点盛りの写真は忘れました。

Dsc_1436
Dsc_1437
ビール生3杯、熱燗1合、冷酒2合でおいしくいただきました。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

放射線物質の事故 隠匿がすでに始まった

放射線物質を保管していた容器が爆発し、作業員5名が被ばくしました。
そのまま、その部屋に3時間缶詰状態だったようです。
その間に相当な放射性物質を肺に取り込んだでしょう。
今回の事故は想定外であり、部屋から出るまでに3時間かかったとコメントしています。
今回のような爆発だけでなく、何かの事故があることは普通は考えますね。
なんだか、「この道路は安全なので事故は想定外だった」に近いコメントのように私は思います。
放射線医学研究所に移されたとたん、「内部被ばくとして計測された数値は、衣服についた放射線も計測していた可能性がある。」なんて言い出しました。

それより、被爆された方の今後について適宜病状を発表することが重要だと思います。

しかし、個人情報だとのことで、個人名は出さないでしょうね。原発再稼働に対してネガティブな話になりますので。

民間企業の工場で爆発事故を起こしたら、被害者の名前は公表され、その後の病状も表にでます。
被害者の親族にはかん口令をしいているのでは。
今の時代snsがあるので、親族の誰かが発信すれば皆が知ることになります。
「何もしゃべらなければ手厚い対応をするが、しゃべったら何も補償しない」とか言っているのではないかと邪推しています。

かつて核燃料をバケツで扱い、事故が起こりました。その時は刻刻ニュースになりました。
安倍政権になって都合の悪いことは隠したりなかったことにするようになりました。

これで共謀罪が施工されたら、どんなことになるのでしょう。

| | コメント (0)

聴覚障碍者 AIでアプリ開発

聴覚障害者と健常者が共生しているインドネシアの小さな村がNHKで紹介されました。
小さな村なので村民の出入りがすくなく、聴覚に問題のあるDNAを持つ人が多いそうです。
そこでかつての村長が小学校から同じ教室で、聴覚に問題ある生徒も一緒に勉強できる環境を作ったのです。
素晴らしいことで、現在では世界中から村を視察に来ているそうです。

今私のスマホには日本語をしゃべれば即時に英語、英語を喋れば日本語になるアプリが入っています。海外旅行ぐらいなら十分対応できそうです。

すでに手話を多言語に、多言語を手話に変換するアプリを開発しているでしょうね。
入力された音声言語を手話に変換、手話をAIで動作に変換することは近い将来に完成するでしょう。

囲碁、将棋などの名人にAIが勝つようになりました。それはそれで凄いことですが。
聴覚障碍者となんの勉強もしていない健常者が自由に会話できるようなアプリの開発に力を入れてほしいと思います。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

ハーゲンダッツ イメージ戦略 高梨乳業

ハーゲンダッツジャパンが製造装置の不具合により、製品にゴムの破片が混入した可能性があるとのことで、200万個以上を回収するとのこと。
ハーゲンダッツというと、何となくヨーロッパの老舗が世界展開したように思われるでしょう。
しかし、米国のアイスクリームの新興企業がイメージ戦略で社名をハーゲンダッツにしたのです。当然歴史ある老舗ではありません。(20年ほど前にオフィサーの奥さんから聞きました)
米国で成功を収め、次に日本に進出しましたが、販売ルートを絞り込み、高価格戦略で最高級品と思わせることに成功しました。
ここからが地元横須賀とのかかわりです。
私が幼稚園のとき、横須賀大津3丁目の宮本温泉(今も営業している風呂屋)の隣に高梨さんが住んでいました。
そこには乳牛が数頭おり、よく見に行っていました。
少量でしたが牛乳販売が成功し、大津高校の隣に工場を作りました。
小学校時代、お祭のとき山車を引くと、この工場でテトラのコーヒー牛乳をもらいました。当時はなかなか飲めない高級品で、本当においしいと思いました。
さらに事業は成功し、高梨乳業の工場は横浜に移転、全国区となり高梨さんは横浜商工会議所の会頭までになりました。(浅尾議員の秘書をしていたときにお会いしました)
さて、ながながと書きましたが、ハーゲンダッツ・ジャパンの製品は全量高梨乳業の工場で製造しているのです。
ハーゲンダッツ本社との契約で高梨乳業はハーゲンダッツ専用のラインで製造しています。
ハーゲンダッツはイメージ戦略で大成功を収めました。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

テロ 原発

英国でまた悲惨なテロがありました。
ただひたすらに英国人を殺すことを目的にしたテロです。
車で歩行者をひき殺し、車から降りた犯人たちはナイフでて当たり次第に刺殺しました。

こんなテロはテロリストを事前に拘束しなければ防げません。しかし、それは個人のプライバシーを大きく損ねることをしない限り不可能です。

しかし、なんでも人を殺せばよいということになると、数百万人を死傷させることは簡単です。

機関銃や手りゅう弾、爆弾を持ったテロリストが原発を襲い、警備員を射殺後、原発の冷却装置を破壊したらどうなるでしょう。

電源ラインが破壊されても(福島原発の例)、非常用電源をある時間内(3日ぐらい?)に用意すれば、原発が爆発、核物質が飛散することを防ぐことはできますが、原発の冷却システムを完全に破壊されたら、3日ぐらいで修復は不可能です。
格納容器まで爆破されたら、その直後からとんでもない量の核物質が飛散します。
もちろんテロリストは即死ですが。
テロリストは死を恐れるどころか、テロによる死は天国に行くための手段として考えています。何百万人も敵を殺せるので、歓喜をもって死を迎えるでしょう。

さらに同時に原発を3基襲われたら、日本に居住できるところはなくなります。

北朝鮮も同様な破壊活動は簡単にできますが、それは北朝鮮の破滅を意味します。
しかし、どこの誰だか分からない、分かったとしても複数の国家、例えば友好国の国民だったらどうすることもできませんので、テロの実行のブレーキになりません。

テロリストが自衛隊の武器を強奪しただけで、原発は破壊され、日本は破たんします。

原発は想定外の天災がないこと、人間の善意を信じて作られた装置です。
莫大なエネルギーを生みますので、その周辺には膨大な利権を生みます。
さらに使用済み核燃料の問題、子孫の生命に対する考慮は全くされていない装置です。

いまだにエネルギー利権にしがみつくことで独裁的な権力を維持している現政権の行きつくところは国家の破綻です。



| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

観音崎 グランピング 隈研吾

観音崎京急ホテル内に、京急とアウトドア用品のスノー・ピークスがコラボ、隈研吾が設計したコテージがつくられました。
隈は中高の後輩です。彼は昔「水とガラス」をテーマに設計をしていました。そのころ私はガラス会社の研究企画におりましたので、何回かあったことがあります。

新国立競技場で日本全土に知れ渡る糊塗になった隈は中・高の後輩です。

観音崎京急ホテルは今から50数年前に観音崎ビーチ・モーテルとしてスタートしました。
ところが目黒エンペラーとか御殿場や新横浜にモーテルが林立するようになり、勘違いした客がおしよせたため、観音崎ビーチ・ホテルに改称しました。
そのころ、ホテルの周りにあった9ホールパー27のミニゴルフでよくやっていました。

その後1984年に京急に吸収され、10年ほど前にスパッソが作られ、現在に至っています。


Dsc_4109_2
外からエントランスを通して東京湾が見えるこの景色は良いですね。
そのシーサイド・グランピングと称するコテージです。

Dsc_4111
レストランの客はこのコテージの背面をみることになります。
沖の右に見えるのは東京湾に侵入する潜水艦探索のために作られて第二海保です。
現在、この海保のために浦賀水道を通る船は難儀しています。

Dsc_4113
コンクリの型枠で作った仮設の物置みたいに見えます。
海の青さと芝生の緑に対し、このコンテナ形状は違和感だらけです。
Photo
驚くべき価格です。
8月のハイシーズンはカップルで8万円になります。
3泊したら、グアム3泊よりだいぶ高くなります。

トイレも風呂もありません。別棟に行かなければなりません。
海を見ながらビールを飲んでいて、催す旅に往復数分かけてのトイレになります。
食事も自分で作るのです。

すでにこのホテルのリピーターで夏場は予約がいっぱいのようです。
しかし、冬はどうなのでしょう。
トイレに行くたびに北風を浴びますし、テラスでのBBQも考えられません。

隈は忙しくて完成したものを見ていないのでは。
シャープの液晶テレビのCMで吉永小百合を隈が設計したバンブー・ハウスで演出しました。

これは隈らしい作品と思います。
えらい違いだと思います。

20091113_1665744

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

デュークエイセス引退

デューク・エイセスが活動を停止するとのこと。
60年以上にわたりそのハーモニーを売りに活動してきました。

私は学生時代ロックバンドをやっており、いろいろなところで演奏をしていました。
ドラムのガールフレンドが共立薬科大学の縁で、大学祭の後夜祭に招かれました。
(10年ほど前に共立薬科大学は慶応大学薬学部になりました)

その前夜祭はデュークエイセスでした。
我々も招かれました。「いい湯だな・・」「京都大原三千院」など日本の歌シリーズを聞くことができました。
彼らは講堂での演奏でしたが、我々は屋外での演奏でした。

共立薬科大学は共学ですが、女子学生ばかりでした。
中には私の高校の隣で私のことを知っている清泉の卒業生が結構おり、特設ステージの前で踊ってくれました。

そのあと打ち上げです。
一年生が先輩に命令され、ホステス役つとめてくれました。ビールのグラスが空くと、ふくすうの子がやって来て、注いでくれるのです。
まるでハーレムでした。

謝礼金をいただいたのですが、「少ないですが1万円でお願いします」と言われました。
女子大での演奏ならただでもやったこともありますし、大変な接待を受けたので、「十分です」と答えました。
それが5万円、一人1万円だったのです。

デュークエイセスにはバンド込みで50万円程度払ったようです。我々はアマなので5万円でと考えたようです。
後にも先にもバンド活動でこんな楽しいことはありませんでした。

数年後、友人と雪の大原三千院に行きましたが、デュークエイセスの歌が頭のなかで聞こえました。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

ベンチャーズ 団塊の世代

団塊の世代にとって忘れることのできないベンチャーズの話です。
飲み屋の帰り、汐入駅にベンチャーズの7月30日、芸術劇場での公演のチラシが貼ってありました。日本での55回目の公演だそうです。
Photo_3
高校時代にベンチャーズをTVで初めてみましたた。(その後横浜文化体育館などで見ています)
「太陽の彼方に」のアストロ・ノーツと「ウォーク・ドントラン」のベンチャーズが二組で公演していたものです。
最初は若々しいアストロノーツが話題になりましたが、おっさんのベンチャーズはリズム感・テクニック・迫力が圧倒的に上だと言われるようになり、それをまねしたい若者が続出しました。
当時のメンバーはリードギター:ノーキー・エドワーズ、サイドギター:ドン・ウィルソン、ベース:ボブ・ボーグル、ドラムス:メルテイラーでした。
ベンチャーズが世に出たヒット曲「ウォーク・ドント・ラン」のリードはボブが取っています。あとから参加したノーキーは最初はベースでした。
現在当時のメンバーは誰もいません。
高齢になったノーキーとドンは米国では活動していますが、日本のキャバン的な公演は無理なのです。他の二人は鬼籍に入られています。
現在のメンバーではドラムスのリオン・テイラーはメルの息子で、父親が若くして亡くなったあと、加入し、オリジナルメンバーと演奏していましたので、ある意味では唯一のオリジナルメンバーといえるかも
息子は天才的なドラマーだったメルには負けますが。
ベンチャーズは日本のギタリストや音楽シーンに大きな影響を与えました。
日本を代表するギタリストのチャーもノーキーの演奏を見てギターを始めました。
「京都の恋」など日本の演歌にはない長調のメロディーでありながら、日本人の心をつかむ楽曲を作っています。
良くベンチャーズは日本だけと言う人がいますが、それは大きな間違いです。
米国の著名なギタリストや音楽シーンにも大きな影響を与えました。
プレスリー、ビートルズと並び2008年にロックの殿堂入りを果たしました。
インストのバンドとしては初めての快挙です。
私は学生時代はベンチャーズ、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、そして日本ではまだ余りしられていないソウルを演奏していました。(写真一番右)
高松マリンパークで演奏した時の48年前の写真です。インストは私がリードをとりました。加山雄三のブラック・サンド・ビーチが一番喜ばれました。

Photo_4

Photo_6 モズライトは27万円と高くて買えませんでしたので、5万5千円のモデルシャープファイブを使っていました。

その頃の学卒の初任給が4万円ぐらいのときです。
いかにモズライトが高価だったか分かると思います。
アマチュアバンドで持っている人はまずいませんでした。
(団塊の世代のモズライトに対するあこがれは依然強く、それを狙った偽物とか本家とか裁判沙汰にもなっています)
学生時代使っていたモデル・シャープ・ファイブのエレキはがたがたになっていますが、今でも持っています。




| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

ひよっこ ペンキがおかしい

NHKの朝ドラ「ひよっこ」を毎日見ています。

桑田圭祐さんの歌を聞きながら今日はどんなことになるのかわくわくしています。

しかし、ペンキの塗装のシーンはわけが分かりません。

Photo
黄色のインクでピンクを描いているのです。

Photo_2
気になってしかたがありません。
どういう意味で黄色のインクでピンクを塗装しているのかわけが分かりません。

普通だったら

Photo_3
Photo_4
ですよね。
理由が分かる方は是非教えていただきたいのですが。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

横須賀津久井浜 サーフィンのワールドカップ

昨日まで横須賀の津久井浜でウインドサーフィンのワールドカップが開催されました。
最終日実に行きました。
海水浴シーズンより混雑していました。

Dsc_4044
10ヵ国以上の選手が参加していました。

Dsc_4041
2時15分スタートの最終レースは5分遅れになりました。
しかし、フライイングがあり、再スタートです。フライイングの選手は失格です。

15分後再スタートになりました。またもフライイングがありました。

それから15分後ぐらいに三度目の正直です。
しかし、スタート直前にスタートは取りやめ。既定の風速がないとのこと。

この写真は一回目のスタート直後のものです。

Dsc_4054

そのまま待つこと30分、以降にスタートしないので、飽きてしまい飲み屋に行くことにしました。
寒い海の上で30分以上待たされたら、催す選手もでるでしょうね。そんな時はロッククライミング中のクライマーと同じことなのでしょうが。海だと誰にも知らずにできますね。

会場には様々なテントが張られており、どぶ板のツナミの飯田さんもいました。会期中毎日営業していたとのこと。お疲れ様です。

Dsc_4057
TV放映中のテラスハウスのメンバーもジープで来ていました。

Dsc_4061
学生時代湘南あたりを毎日のように走っていましたので、逗子あたりでウインドサーフィンを見ていました。
31年前マウイ島に行ったとき、カフルイ空港あたりで時間をつぶそうと早めに車を返そうとして道に迷い海岸にでてしまいました。
そこは見たこともないウインドサーフィンをやっていました。
沖に出るときは波を空高く飛び越え、海岸と平行に進むときは、セールは海面すれすれ、白波をたてて猛烈なスピードで進むのです。砂浜に帰るときはサーフィンで進んでいました。
なるほどウインド・サーフィンと思いました。
帰国してから調べたら、そのビーチはカナハというウインド・サーフィンのメッカでした。
オアフのカイルアも聖地ですが、ここ10年はカイトサーフィンが主流になっています。

| | コメント (0)

«日野皓正・故元彦 アルフィー