2019年2月10日 (日)

ニットク本社 卓球

先日秋葉原の三井記念病院に外来で行ってきました。
昨年の9月に右の腎臓を摘出しましたが、順調に推移しているとのことで安心しました。
いつもと違うルートで病院に行きましたが、途中ニッタクの本社ビルの前を通りました。
Photo_5

戦後まもない時に荻村選手が世界チャンピオンになり、卓球のブームがおこりました。
国民全体に荻村選手は希望を与え増した。

私も中学時代は卓球部に入部しました。58年前の話です。

卓球部は一番部員が多かったのです。運動神経の一番良い生徒は野球部に入りました。サッカー部なんて雨の日の練習ではドブロ泥になっており、よくやるよと嘲笑されるぐらいで、今とは全く違う位置にありました。
ラケットやボールはニットクを使っていました。バタフライという競合もありましたが、ニットクが断トツだったと思います。
その後、中国に勝てない時代が続き、卓球の人気は年々衰退しました。
ところがここ数年、日本の卓球の進歩は目覚ましいものがあります。
入り口にその象徴の伊藤選手の写真がかざってありました。
Dsc_1861
道具を通じて卓球をささえてきたニットクですが、ビジネスとしては寂しいようですね。
ゴルフのクラブやテニスのラケットの製造メーカーに比べて規模がだいぶ違いそうです。

| | コメント (0)

2019年2月 9日 (土)

子供への虐待

子供への虐待で小学生がなくなるという悲惨な事件がありました。
今TVで幼児虐待に対する米国の経費は日本の130倍だとのこと。
子供への虐待に対する米国の考え方、文化は日本とはかなり違います。
今から50年ほど前、姉の息子が赤ちゃんの時、キャリーちゃんという小学生が家にきました。
姉が英会話の先生で、そのつながりでした。
オムツを変えるときに、お尻の青あざを見た瞬間、キャリーちゃんは顔色をかえ、姉を睨みつけました。
日本人には蒙古斑があり、あれはたたいた後ではないといくら言ってもなっとくしませんでした。
小学生でもそれだけの意志表示するのです。
20年ほど前我が家の近くでDVがあったとき、近くに住むロビーは家に押しかけました。
警察に届けると言ったのですが、軽微なDVだったので、その場を収めました。
それ以来その家のDVはなくなりました。
日本も米国にならって、小さい時からDVの教育をやるべきと思います。

| | コメント (0)

2019年2月 8日 (金)

日本の民度

先日東京で地下鉄に乗った時、白人(多分米国人)と日本人のガールフレンドがシートに座って談笑したいました。
ドアーが開いて、彼らの近くに二人の老婦人が来ました。
それを見た瞬間彼は一瞬で席を立ち、その流れでガールフレンドもたちました。(一般シートです)
今日品川から横須賀に京急で帰りましした。
つかれていたのでシルバーシートの前に行ったのですが、満席でした。
前後10席でシルバーシートの対応する乗客は3人に見えました。
男と女の高校生、20代と思われる3人の男。40代が二人。
私は昨年古希を迎えました。全員年下だと思います。
そのうちにシルバーシートについての説明が日本語と英語で車内放送されました。
私が小さいころは長幼の序はありましたが、今は絶滅しました。
ハワイのバスではドアーの近くは老齢者が席ということが当たり前で、もしそんなところに若い人が座り、老齢者が来たら廻りからのブーイング、さらに老齢者から立てち言われます。
2020年のオリンピックで日本の民度の低さが世界に広がるでしょうね。

| | コメント (2)

2019年1月 6日 (日)

マグロ3億3千万円 すい三昧

すし三昧がマグロを3億3千万円でセリおとしたとのこと。
この喜代村の昨年の年商は259億円のようです。
その1%以上になります。
宣伝効果は抜群なのでしょうが、その分は価格に載せるわけです。
確かに場外の寿司三昧本店は国内外からの客であふれています。たしかに3億円で落としてもペイするのかもしれません。
しかし、一度友人たちが行きたいと本店に行きましたが、いつも行っている店にくらべるとかなり落ちると思いました。
かつて歌舞伎座のコインロッカーの仕事をしており、月に2,3度は場外の様々な店に行きましたが、今は同じ店に行っています。
昔は三崎まで食べに行っていましたが、現在は三崎より場外のほうが安くてうまいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

まんぷく めちゃくちゃな時代考証、税法

朝ドラ「まんぷく」を毎朝みていますが、時代考証や論理的におかしいのでストレスを感じています。
私の生まれた昭和23年以降だと先日の放送でわかりました。
脱税による重加算税の12万円は「家が3軒建つ」との台詞がありました。
昭和23年の初任給は3000円程度のようです。
円は現在の70倍ぐらいの価値があることになります。
すると12万円は840万円です。家一軒も建ちません。
5人に渡した合計の奨学金は、初任給から考えて多くても1万円ぐらいでしょう。
なので脱税額は千円単位になります。数千円の脱税に12万円の重加算税とはどういうことなのでしょう。
また重加算税の徴収の話を税務官が電話で伝えていました。これもあり得ない話です。
こういうめちゃくちゃな設定で、ドラマは台無しです。訳の分かる人にチェックをしてもらうべきです。
こんなおかしなことが誰も分からないことが不思議です。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

ニコン ドイル先生 皇后陛下

実家の電話とカメラです。電話は現役です。
カメラは現在は保管しているだけです。
カメラは昭和33年ぐらいに買ったものだったと思います。
Dsc_190_4
写真は中一の海の合宿でこのカメラで撮影したものです。
真ん中の英語の担任のドイル先生はコナンドイルの末裔で、その後上智大学にいきました。
皇后陛下にクイーズイングリッシュを教授しました。
右側は現在トヨタとパナソニックの海外戦略のコンサルをしています。

Photo

| | コメント (7)

2018年12月19日 (水)

日本の経済力 インバウンド

巨人の菅野の来シーズンの年棒が6億5千万円だそうです。
落合は野球選手が夢を持てるようにと1億円の年棒を要求し、それを獲得したのが1986年です。日本で初めての1億円プレイヤーになりました。
1987年には現役バリバリの大リーガーの四番バッターのホーナーがヤクルトに3億円で入団しました。
日本も米国の大リーガー並みの年棒を払えたのです。

現在の大リーガーの最高年棒は40億円、菅野の6倍です。
現在の日本ではどう転んでも40億円は払えません。

ホーナーが来たときは日本は米国と競うほどの経済力があったのです。
現在は年収400万円以下の世帯が全世帯の45%だそうです。
日本人は政策により低賃金で働かされているので、物価は先進国の中では一番低いです。
なので世界中(特に中国、韓国)からインバウンドが殺到しています。

10数年前友人(日本人)が上海の郊外で工場を立ち上げました。
そのころ地方からの女子従業員の時給は30円程度でした。
現在は一桁上がっています。
日本の中間層の年収はむしろ下がっていますが。

時給30円時代は中国のワーカーにとって夢の夢だった日本です。
現在は親切・丁寧な店員が本物のブランド製品を手に入る価格で売っているのです。中国人が日本に殺到するのは当然です。
収入が増えたからと言って民度が急に上がるわけではありませんので、これからますますインバウンドのトラブルが増えるでしょう。

| | コメント (0)

札幌の爆発事故

札幌で爆発事故がおこりました。
原因は信じられないものです。
消臭スプレー100本以上のガスを室内で抜いた結果そのガスに引火爆発したのです。
いくら消臭スプレイだと言っても爆発する位の濃度になれば相当な臭いがあったと思います。今回だけでなく何回も同じ作業をやっていたのでしょう。そうでなければ新品を一度に100本以上からにするなんてやれません。
爆発をしなくても酸欠の可能性もあります。
現在のスプレイ缶には可燃性ガスというか燃料そのものに使われている液化ガスが充填されています。
火気があるところでは大変危険なものです。
昔は不燃性ガスのフロンを充填していましたが、オゾンホールや地球温暖化に対してはCO2の10倍以上の悪影響を与えるので使用が禁止されました。
それにしても死者がいなかったのは不幸中の幸いです。

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

ムンク 叫び

学生時代、鎌倉八幡様隣の神奈川県立近代美術館でムンク展が開催されました。見に行きましたので、調べてみたところ

*************************
1970年9月26日~1970年10月18日
エドワルド・ムンク展―孤独な魂の叫び、北欧の巨匠Photo

**********************

ということでした。
一ツ橋に行った高校同期が美大生と付き合い始めました。
なので話のネタに見たいのでつきあってくれないかとの話があり、暇だし私の車で行きました。
それまでほとんど美術館などに行ったことがなかったのですが、ムンクの「叫び」を見てから、機会があれば行くようになりました。

今年の10月から東京都美術館でムンク展が開催されているので、TVのCMで「叫び」を見るたびに48年前のことを思い出します。

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

ドッジボール バレーボール ボクシング

先日浪人中の浅尾慶一郎を囲む会で、玉木正之氏の講演を聞きました。
トラブル続きのスポーツの世界について評論家としてよくTVに出演されていますね。
その中で面白いと思ったこと
ドッジボール
ドッジは逃げると言う意味で、逃げ足が速い人が偉いのです。強い球を投げる人ではありません。(笑)
ボクシング
ボックスとは箱ではなく殴ると言う意味だそうです。殴り合いを強引に金儲けのスポーツにしたわけですね。
バレーボール
バレーはテニスのボレーと同じで地面に落とさないでボールを打つことだとのこと。そいういう意味ではバドミントンと同じですね。

| | コメント (0)

«1万年前と同じ生活。 センチネル族。