ロックンロールより沖縄

内田裕也、ショーケンが亡くなりました。
同時代をバンドも含め同じ時代を生きた人間として、内田裕也はへたくそなロッカー、ショーケンは新人時代三浦海岸のステージ近くで地元の漁師と喧嘩した馬鹿な男としてしか記憶にありません。
同じステージで西城秀樹は礼儀作法を心得ていました。
さらにピエール滝の保釈なんてどうでも良いことです。
コーンでさえ、現在の日本の厳しい状況において大したことはありません。
こんなことで沖縄や原発事故、さらに政界のスキャンダルをマスキングすることに協力するマスコミは何なんでしょう。
国民の生活に大きな影響を与える案件は表に出しません。
忖度は極限まで来ました。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ステルスはレーダーに映らない機体ですが?

三沢基地所属の最新鋭ステルス機F35Aの訓練中に機影がレーダーから消えたとのこと。
なんだかわけが分かりません。
ステルスはレーダーに映らない機体のことです。
訓練中は基地が機体の位置を把握できるための電波を発しているのでしょうか?
ちなみに一機108億円だそうです。
搭乗員が心配されます。非常脱出装置で墜落前に外には出ているはずですが。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

賞味期限

朝のニュースで賞味期限切れの食品を扱っている店の紹介がありました。
ある店は賞味期限切れの商品を一か所にあつめ、全て20円で販売していました。中には500円ぐらいのものもありました。
賞味期限はメーカーが自主的に定めているもので、法的な意味はないそうです。
雑菌の数が限度になる日にちの80%を賞味期限としているとのことです。
これについてはなんだか分かりません。雑菌の数はネズミ算的に増えますので、科学的ではないと思いますが。
賞味期限時点では雑菌の数は限度の10%もないのでは。
また包装が完全でなかったり、保管方法が悪かったりしたら、賞味期限内でも雑菌が限度をはるかに超えることもあるはずです。

2年ほど前に女房達がハワイのスーパーでオレンジジュースを買ってきました。冷蔵庫に入れる時に賞味期限が1っか月も過ぎていることに気が付きました。
翌日女房達はそのジュースをもってレジにいったのですが、面倒臭そうな顔をされ、取り換えたものを持って来いと言われたそうです。日本ではありえない対応ですね。
棚に行ってみると、ほとんどの商品が期限切れ、中にな3か月も切れているものもあったそうです。
期限内にあるものを探すのが大変だったとのこと。
ハワイの人たちは期限表示を気にしていないようです。

日本人の廃棄食品の量は(人口当たり)世界一だそうです。戦後すぐに生まれた私は井戸水で育ち、食べ物もなんでも食べました。おかげで東南アジアに行っても腹をこわしたことはありません。女房は娘たちはやられることがありますが。
おかしなものは匂いや味、食感でわかります。
TVでも賞味期限切れのものを食べても、ほぼ問題がないが、自分の五感で判断してくださいとのことでした。
保管方法が悪かったり、放送が不良だったら、賞味期限内のものでも問題のあるものでてきます。

これこそ、自己責任の話です。賞味期限に対して私と同様な考え方が広まったら、日本の廃棄食品は半減し、また定価も下がるでしょう。
定価は廃棄するものを考慮して設定されていますので。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

走水水源地の桜

   昨日孫たちと走り水水源地の桜を見に行きました。
ほぼ満開です。


 
 

4年前の4月2日に大動脈解離で3週間入院していた共済病院を退院し、その足でここに来ました。

平日というのに駐車場はほぼ満杯でした。
折角なのでヴェルニーの水を採水しましたが、私以外は誰もいませんでした。
普段は車2,3台でも順番待ちなのですが。
駐車場の上のベンチでのんびり食べていましたが、突然何が起こったか分かりませんでした。
すごい音と顔の周りに風、そして手に痛みを感じました。
 
後ろからきたトンビに手に持っていたサンドイッチを取られたのです。
海風公園ではそんなシーンを見ましたが、ここでそんなことになるとは思いもよりませんでした。
結構痛かったので手を見ましたが、血は流れていませんでした。
孫たちにはこんなことがあったら、大泣きすることは間違いないので、襲われることのない桜の枝の下で食べることにしました。
結構寒かったので、日当たりのよいベンチで食べていたのです。
ここのベンチでの飲食は要注意です。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

桜 開花情報

桜開花のニュースを毎日見るシーズンになりました。
日本一開花が早いところはそれなりに知られることになります。

我が横須賀走水の桜も結構早いです。
走水の桜を日本一早く開花させれば、横須賀のためになると思います。

2月1日以降の累積最高気温が600℃になると開花すると言われています。
ならば600℃にすればよいのです。
ドライヤーとか赤外線で温めて開花を早めるとクレイムがつくでしょう。

リンゴ全体を赤くするために地面にアルミ箔みたいな反射板を置きます。
この方法をさくらに応用すれば、何にもしない場合に倉bげ600℃に
なる日が数日は早くなるでしょう。
リンゴの方法なので誰もクレイムをつけられないでしょう。
しかし、実用新案でも同時にとっておかないと、翌年はどこもはじめてる
でしょう。

78500x375_1

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

路線バスの旅

録画しておいた路線バスの旅を見ていました。
千葉から福島まで4日間をかけて路線バスを乗り継いでいこうというのものです。
うまく乗り継げないときはバス停からバス停まであるきます。
最終日は14kmの道を2時間半であるきました。
4つのトンネルを通過しましたので、坂道であることは間違いありません。
疲れ切った3人が14kmを2時間半で歩けるはずはありません。
平らな道でも時速4kmぐらいになります。
追走するロケ車には4日分の着替え(元宝塚のスターもいました)毛所品、ドローン
カメラなどの機材が満載だと思います。
14kmの半分以上車での移動だったと思います。
TV番組はそんなものと分かっていますが、もう少しうまい編集をしてほしいものです。




| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

ゴーン氏 弁護団

ゴーン氏の保釈のニュースが各社から何回も放送されています。
日産社員だった私の大学同期が、同期会でゴーン氏は素晴らしいと言っていましたが、その後レイオフされ同期会に出席しなくなりました。
ニュースでは弁護団は、無罪請負人や保釈の専門家などによる史上最強の弁護団と言っています。
弁護士によって無罪になったり有罪になったりするとのことを明白に示唆しています。
最強の弁護団を雇用できるひとは一握りです。
お金がなくても国選弁護が弁護してくれますが、どう見ても今回の弁護団とは力がちがいます。
法の下の平等もそんなものなのですね。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

PN2.5 と放射性物質の汚染

朝4時ごろのJCOMの放送でPM2.5の情報をみました。(昼の地上波の放送でもみました)
中国はひどい状態のようですが、海を越さないようで、日本への影響はあまりないように見えました。
一方、雲は中国大陸から形は変えますが、日本の西から東まで移動しています。
PM2.5の粒子は雲とはちがい重いのでしょうね。
ということですが、放射線の汚染物質については最近TVでは何の情報も見ませんね。
空中にある汚染物質、汚染タンクから海洋に流れている汚染物質は流れ続けているのに。
PM2.5の汚染は目で見ることができますが、放射性物質の汚染は見ることができません。
放射性物質による汚染はPM2.5より重大な影響を与えますが、なんで放送しないのでしょう。
まあ、理由は分かりますが。

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

パブロ 世界的なギタリスト

3年前ハワイ・カイルアのairbnbでスペイン人と同宿になりました。
立派なギターケースをもっていましたが、気さくな若いお兄さんという感じでした。
3日間同宿しましたが、一度もギターを弾くこともなく、朝からビーチに行ったり、普通の観光客に見えました。
しかし、しばらくしてオーナーが彼は有名なギタリストということを教えてくれました。
(コンサートの前日はリハーサルに向かいました。)
彼は2歳だった孫を可愛がってくれました。
Cimg5987_2
その2年後にサントリーホールでの演奏会があり、招待されました。
Photo
彼はハワイで会った時に漢字に興味を示していたので、習字をやっていた娘が色紙に書いてプレゼントしました。パレリアは彼のガールフレンドです。
2

数か月前に世界三大テノールのドミンゴと共演するなど、着実に地歩を固めているようです。
昨日彼から告知の同報メールが届きました。
3月は米国各地で演奏会とのことです。
https://mail.google.com/mail/u/0/…
今や世界トップレベルのギタリストになったようです。

「禁じられた遊び」をマスターしても大抵の人は、高度なテクニックを要する「アルハンブラ宮殿」で挫折します。
彼のピュアーな音色は素晴らしいものがあります。
https://hamanoshigeki.net/douga/?p=3693

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

統計学の否定

特別監察委員会は組織的な働きかけはなかったとの結論にいたったとのこと。
統計学者がこんな結論に対して何も言わないのは不思議です。
全数検査でなく任意抽出での統計結果が大きく(政権に都合が良い)違った結果になるなんてありえません。
N数が大きい今度のような統計処理の場合、全数の5%の抽出でも全数との誤差はほとんどありません。最大の誤差でも1%以下でしょう。
任意抽出の統計処理が全数での結果と大きく違ったら、統計学は成り立ちません。
なんでこのことを統計学者は言わないのでしょう。
統計学が否定されたので、今後の数学の入試には統計の問題は出題できなくなります。

| | コメント (3)

«ニッタク本社 卓球