« 横須賀市 | トップページ | ナイス素適音楽館 »

2006年8月 4日 (金)

表参道ヒルズ

SyoumeiNaisou

Gaikan_1Dojyunkai 昨日新大久保にある旅行代理店に行き、10月の上海旅行のチケット5人分支払ってきました。
その後、原宿駅から渋谷まで散策しました。
途中表参道ヒルズを見学しました。開業直後とその2週間後位に近くに行きましたが、あまりの混雑で中に入りませんでした。現在は六本木ヒルズと伍す東京を代表するエリアになりました。
画像の右から二番目が概観です。ケヤキ並木の美観は健在です。右端の部分は同潤会がリフォームされ一部保存されています。
中は傾斜の通路とエスカレーターがうまく配置されて面白い空間になっています。また天井には商業空間の照明でなく、舞台照明の高価なバリライトが大量に設置されていました。このバリライトとコントロールシステムだけで数億円は下らないでしょう。

ただ、10日ほど前バンコクに開業した東南アジア一をほこるショッピングモールと比べると、空間の広さは桁違い、また内装の豪華さも完全に負けています。
もしバンコクの若い人が表参道ヒルズに買いものに来たら、「東京なんて全然たいしかことがない」と思うでしょうね。
私自身、(バブルの様相の)上海やバンコクと日本の商業空間を客観的に比較して見ると、残念ながら日本は完全に負けていると認めざるを得ないと思います。
北京オリンピック、上海万博まではどうにかアジアは回るでしょうが、その後は現在の状況が安定的にランディングするとは考えられません。どうなるのでしょう。

|

« 横須賀市 | トップページ | ナイス素適音楽館 »

コメント

上海の発展には本当に目を見張るものがありますよね。
今回の旅行はバンコクに決まりました。実に18年ぶりですので
どんなに変わっているのか楽しみです。
(ちなみに私は六本木ヒルズにも表参道にもまだ行ったことありません(^_^;。)

ところでバンコクに開業したショッピングモールとはどこら辺なのでしょうか?
一番賑やかそうなサイアム地区かしら?

投稿: ともの | 2006年8月 5日 (土) 07:56

2週間ほど前に開業した東南アジア一のモールもサイアム地区にありますが、日本と異なりビルが開業しても開店している店は半分もありませんでした。とものさんがおいでになるころには大半が営業しているとは思いますが。
現在一番の賑わいのあるモールはSiam Paragonです。ここのひとつのフロアーにはランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ、BMWの代理店が軒をならべており、ぴかぴかのスーパーカーが並んでいました。タイは輸入車の関税はとても高いのでフェラーリは5000万円くらいになるそうですが、置いてあると言うことは売れるのでしょう。タイのエリートサラリーマンは、華僑2世、3世にはお金をどうやって使っていいか分からないという人も結構いるとのこと。
スーパーカーが並んでいるのを見ると、そうなんだと納得します。

投稿: IVYリーガーズ | 2006年8月 5日 (土) 10:10

やはりそのオープンしたモールはサイアム地区だったんですね。
オプショナルツアーの解散場所がサイアム地区ですのでぜひ行ってみます。
出発まで2週間を切りました。すごく楽しみです。

投稿: ともの | 2006年8月11日 (金) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/11256521

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道ヒルズ:

« 横須賀市 | トップページ | ナイス素適音楽館 »