« ジェイクのライブ | トップページ | チャイズ »

2007年7月21日 (土)

マカプートレッキング

19日はトロリーのブルーラインに乗ってマカプー岬のトレッキングに挑戦しました。
格安チケットを買ったところ、4種類のトロリーの無料乗車券がついておりました。そのひとつはワイキキからシーライフパークを往復するもので、いろいろな観光名所を通って行きます。 そうこうしているうちにハナウマ湾につきました。

Photo_158 私の席の隣は私より5歳ぐらい上の夫婦でした。新婚旅行以来35年ぶりのハワイで、娘さんがハワイで昨日結婚したとの事。おめでとうございますとお話したところ、相手はニュージーランド人で、双方の家族の都合を考え、日本とニュージーランドの真ん中のハワイを選んだとの事。
娘さんは数年北京で仕事をし、その後ニュージーランドで仕事をしている間に出会ったそうです。
娘さんは英語も堪能のようですが、中国語はさらにうまいようです。ニュージーランドで中国語、日本語、英語を話す人はほとんどいないので、会社が放さないと言っていました。そうでしょうね。
35年前の新婚旅行ということですが、当時は1ドル300円ぐらいでしたし、まだせいぜい北海道、沖縄の時代です。今のお金では200万円はかかったでしょう。
何も覚えていないとのことでしたが、この写真のハナウマ湾は夫婦ともはっきり思い出したとの事です。
今でこそハワイの風景はテレビでは日常的に見え、きれいな海を見ても驚きませんが、35年前に初めて見た時は本当に感激したのでしょうね。

さて、案内を見るとシーライフパークのひとつ手前にマカプーのバス停がありましたので、そこで降りることにしました。
出発はデューティーフリー、そこから40分ぐらいでマカプーにつきましたが、バス停はないとのこと。
運転手と交渉して適当なところで車を止めてもらい下車しましたが、帰りはシーライフパークから乗れとのこと。
歩道もない道路をテクテク歩き、20分ぐらいでトレッキングの入り口に着きました。ここには駐車場があり、20台ぐらいの車が駐車していました。
さて坂道というところで何か靴に異変が。かかとのところがはがれているのです。
Photo_157 トレッキングを断念しようかと思いましたが、すでに20数分歩いているので、靴の様子を見つつ歩くことにしました。
この写真はホテルに帰ってから撮影しましたが、新しい靴なのに靴底は半分ほどはがれており、その場で全てはがし、はがした靴底もホテルに持ち帰りました。
右側の靴がはがれた靴と靴底です。

靴を心配しつつ、ゆっくりと上り坂を進みます。入り口から20分ほどあるくとウエールウォッチングの展望場所につきました。
Photo_160
この場所はオアフ島では最適な展望台とのことですが、残念ながら5月で鯨はどこかへ行ってしまうので、現在は見る事はできません。

それにしてもこんなに見晴らしの良いところから鯨が見えたら本当に感激するでしょうね。
機会があれば再度チャレンジしたいと思います。

Photo_161 さらに30分ぐらいあるくと頂上の展望台につきました。
途中で写真を撮ったり、多少休みましたので、バスを下車してから1時間半ぐらい経過しています。
この写真は頂上からラビットアイランドを撮影したものです。
島の向こう側にも海が見えます。
上からみるとラビットアイランドはかなり岸に近いところにあることが分かります。写真の左方向にシーライフパークがあります。

Photo_162

展望台の右手からヘリコプターのノイズが聞こえます。いつまでもノイズが変わらないのでそちらの方向から下をみるとヘリコプターが灯台のそばでホバリングしています。
良く見るとヘリコプターからワイヤーで人がぶら下がっています。
灯台の下の斜面から救護するための訓練でした。
ヘリコプターを上から見下ろすという機会はなかなかありませんね。)911で倒壊したワールドトレードセンターの屋上から下を飛んでいるセスナをみたことを思い出しました。

Photo_163 頂上で20分ほど過ごし、下山しました。帰りは当然のぼりより楽なはずですが、左の靴の底がないために左右の足のバランスが悪いのでしょう、左足のひざが痛くなりました。こんなことは初めてです。
どうにか下山、この写真のシーライフパークにたどり着けました。
バス停に行くと、THE BUSがとまっています。エンジンも止めています。10分ぐらいするとエンジンをかけたので運転手に聞くとワイキキに向かうとのこと。いつくるか分からないブルーラインはやめ、このバスを利用してホテルに戻りました。

このマカプートレッキングはウエールウォッチングができるときならお薦めです。ただし、水の準備はお忘れなく。私は1.5リットル用意しましたが、全て飲み干しました。
またバスの利用はNGです。駐車場までレンタカーの利用がベストです。
一度もトレッキングを経験していない人にはワイキキのホテル群も見られるダイアモンドヘッドのトレッキングのほうが良いと思います。
ただ、ダイアモンドヘッドの場合は登山道が狭く、昼過ぎになると暑いだけでなく下山者とすれ違いが面倒なので10時前の登山をお勧めします。

ブルーラインを利用して何かおかしいと感じた事が二つあります。
ひとつはマカプー岬のバス停のこと。2007年最新の英語版、日本語版双方にバス停の名前と始発、最終の時刻が書いてあります。それがないと言うのは難なんでしょう。

またハナウマでは10分のトイレ休暇があり、写真の各人写真の撮影とかして時間をすごしました。しかし、ハナウマで下車し海に行く事はできないのです。ひとつ手前のバス停でおり、タクシーで来なければならないのです。
タクシー会社への売上げのためにそうなっているのでしょうか。腑に落ちません。

|

« ジェイクのライブ | トップページ | チャイズ »

コメント

充実した毎日を送られていますね。どでかいビールジョッキは、確かに最後の方が飲みにくそう。でもそれを飲んじゃうふ み おさんは、やはり素晴らしいです。

トレッキングも楽しそうですが、確かに日中は暑いので、朝が良いですね。しかし新品なのに底がはがれてしまうとは、とんだアクシデントでした。
ジェイク兄弟のライヴに、カノエさんのフラに、羨ましい内容ばかり。
楽しく拝見いたしました。

投稿: みゆ吉 | 2007年7月21日 (土) 15:23

みゆ吉さん
ここではIVYリーガーズです。
今アロハタワーのチャイズでライブを楽しんで、今帰ってきました。
今夜はハパのメンバーの一人のライブです。一人はネイバーでの演奏だそうです。
ギター一本、音量は低めなのですが音楽性の高く、底力を感じさせる素晴らしい演奏でした。
ジャズやボサノバとかいろいろな音楽を取り入れつつ伝統的なハワイアンそのものを感じさせるもので、ありえないとも言える音楽でした。
また写真を撮りましたので詳細はあす以降にUOします。
明日、カリアに移動して2泊で帰国です。葉子はその後一泊して本土に渡ります。
みゆ吉さんは後2週間を切りましたね。
上海、バンコクだけでなく2年ぶりのハワイもかなり元気です。元気がないのは日本だけみたいでさびしいです。

投稿: IVYリーガーズ | 2007年7月21日 (土) 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/15831413

この記事へのトラックバック一覧です: マカプートレッキング:

« ジェイクのライブ | トップページ | チャイズ »