« マカプートレッキング | トップページ | 米寿誕生パーティー »

2007年7月22日 (日)

チャイズ

20日のディナーはアロハタワーマーケットにあるチャイズにしました。日本のケーブルテレビでこのお店が紹介され、是非行きたかったのでこちらで調べたら20日はハパとのこと。
これは行くしかないと決めたのです。
しかし予約するときに確認したらハパではなく、ケリー・カネアリー一人でのライブとの事。ハパの曲ならCDを聞いていますが、一人の弾き語りだとどんなものか分かりませんが、行く事にしました。
アロハタワーについてびっくりしたのですが、とてもきれいで良い雰囲気になっています。数年前に来た時は寂れていて、もう来ることはないだろと思うほどだったのです。チャイズの事を知らなければ決してこなかったでしょう。
911の後は大変だったようです。現在はアメリカの不動産バブルで資金が回っているのでしょうね。
かつて日本人は年間240万人がハワイを訪れていたのですが、現在は160万人に減少しているとのこと。やはりこの活況は米国やカナダの好況によるものでしょう。

Photo_164 ライブは19:00からなのですが、食事を済ませてゆっくり聴きたかったので18:00に予約しました。
店には予約時刻にちょっと遅れて着きました。
コースは葉子が食べられそうもさそうので、アラカルトにしました。
これはサラダとオードブルの盛り合わせです。
盛り付けがきれいですね。食器にもかなりの力を入れているようです。

お酒を飲みながらゆっくり食事をしていると、どこからかギターを抱えたロコが現れ、アンプの調整とかしています。
このロコがハパのメンバーのケリィ・カネアリィだったのですがその時は分かりませんでした。
CDは良く聞いていますが、彼らの写真は意識してみていません。彼ほどの一流ミュージシャンが一人で来てアンプの設置から何までやるとことは日本では考えられないことです。
彼クラスのミュージシャンでしたら少なくとも二人のお付は伴ってきます。

Photo_166 演奏はスラックギーギターによるインストからはじまりましたが、一気にハワイの風が吹き出したような感じを受けました。
そして素晴らしい歌。食事をしながら会話ができる程度に音量も抑えての演奏ですが、力のある、また質がきわめて高い音楽に食事を忘れて聞き入りました。
ベーシスト出身との事を始めて知りましたが、リズムの正確さは素晴らしいものです。ジャズやボサノバの要素を取り入れつつ、しかもゆるぎない王道のハワイアンミュージックなのです。こんなことがどうしてできるのかと不思議に思うくらいでした。
昨夜はおなかをすかし、濡れながら聴くライブでしたが、今日は天国です。ブルースの若いギターとはまったく違う円熟の演奏でした。

Photo_167 2回目のステージ終了後記念撮影をお願いしたところ喜んで受けてくれました。カノエミラ、ジェークも同様でしたが。ハワイはどこでもいつでもアロハスピリットを感じますが、一流アーティストも例外なく同様なのでびっくりです。
この後しばらくお話しました。
この7月末にはプライベートで来日するとのこと。また9月にはコンサートで来日するとのことです。
演奏しているときは分からなかったのですがかなりの巨漢ですね。軽く歌っていながら底力を感じましたが、近くで体を見て納得しました。

|

« マカプートレッキング | トップページ | 米寿誕生パーティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/15838435

この記事へのトラックバック一覧です: チャイズ:

« マカプートレッキング | トップページ | 米寿誕生パーティー »