« アロハチャンネル | トップページ | サントリーホール »

2007年10月13日 (土)

クアアイナの日米価格

Photo_2 これは7月に訪れたハレイワ・クアアイナ本店の価格表です。
(クリックすると拡大し価格が読めるようになります)

各ハンバーガーが6ドルちょっとですので、今の円レートですと州税を加えて800円ぐらいになりますので、鎌倉のクアアイナと同じ位ですね。

多少ドル預金をしていますので、サブプライムの件による円高は嬉しくないのですが、11月にハワイに行くことを考えると微妙です。

ところで、バーガーは1/3ポンドのものと1/2ポンドのもので40セントしか違いません。
理系なのですぐに計算してしまいますが、1/6ポンドの違いで40セントになりますから、1ポンド当たり2.4ドルということになります。
とすると1/3ポンドの肉は80セント、1/2ポンドの肉は1.2ドルということになりますが、そんなに安いわけはありません。残りのコストであるバンズと野菜で5ドルなんて考えられないですね。価格設定がいい加減なのです。
私だったら2ドルぐらい価格差をつけます。価格が高いことによって食べたという達成感もでますから。そのくらいのボリュームはあります。
と思って書いている最中にクアアイナのHPを見たら、日本では210円の価格差が設定されています。私の感覚は日本の常識でした。

Photo_3 というわけで私は1/2ポンドのアボガドバーガーを食べました。実際に1/3ポンドのものとはかなり違い、相当なボリュームになりますが、そういうわけもあり、ハレイワまで行ったのなら1/2ポンドにしましょう。
コーラもラージにしましょう。日本の場合どこでもやたら氷が多く、また7分目ぐらいしか入っていませんが、こちらはすりきり一杯なので、日本の倍はありますが、ハワイならどうにか飲めるでしょう。
私が行ったときは開店時にもかかわらずストローがありませんでした。前の日に切らしたようですが、そのままで、店員はなんら問題ない顔をしていました。ハワイですね。日本だったらごめんなさいと言われる以前に、切らすことはあり得ないでしょう。
BYOB(Bring your own bottle)はfree と書いてあります。飲み物の持ち込み無料(free charge)という意味なのでしょう。
アメリカではアルコール販売の認可を得るにはかなりのお金が必要なようで、その許可証を持っていないレストランではアルコールの持ち込み可の店があります。(持ち込まないとアルコールは飲めない)
アルコールを置いてないレストランでスタッフにお金を渡しビールを買ってきてもらったことも何回かあります。それなりのチップは当然ですが、それでも安くつきます。

尚、鎌倉では生ビールはあります。(いつも飲んでいます)大きな紙コップ並々ついでくれますので、見た目以上に量はあります。

|

« アロハチャンネル | トップページ | サントリーホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/16745204

この記事へのトラックバック一覧です: クアアイナの日米価格:

« アロハチャンネル | トップページ | サントリーホール »