« ハワイではありません | トップページ | クリスマスのデコレーション »

2007年12月 7日 (金)

ハワイアン料理

ハワイ原住民が食べていた(今も食べている)料理を食べる機会がありました。クウレイさんのお母さんにご馳走していただきました。
新婚旅行以来何回かタロイモを食べたことがありますが、良い経験というレベルでした。しかし今回は全く違うものでした。
Photo この写真の左下の濃い紫色のものがタロイモです。
これを取り皿にとって、(マウイ)オニオンや他のものをディップして食べました。
タロイモはそのままではほとんど味がしません。粘りがちょっと少ない山芋というかんじです。
これに塩を加えてお米とか食べると本当においしいのです。
塩もかなり大きな結晶のものでした。塩田で作ったものなのでしょう。私の小さいときのお塩の味そのものでした。
今日本でこんなおいしい塩はてんぷらやでもめったにありません。
日本料理を渇望していた私の胃がそうさせたのかもしれませんが、おいしいのであっという間にタロイモを食べてしまいました。すぐにお代わりが来ました。観光客でこんな大胆な食べ方をする人は少ないのか、店の人も嬉しそうでした。
写真の上真ん中の黒いものは葉っぱに巻かれた蒸しポークです。これも日本の一杯飲み屋で食べるものと近い味なのです。量的には日本の飲み屋の4倍くらいあるのですが、食べきれました。
ここの店で食べた全てのものは今までワイキキで食べたものとまるで違うものでした。

|

« ハワイではありません | トップページ | クリスマスのデコレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/17297401

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイアン料理:

« ハワイではありません | トップページ | クリスマスのデコレーション »