« カノエ ミラさん | トップページ | 築地 すし鮮 »

2008年6月30日 (月)

アロハチャンネルのkeiさんと

今回のハワイは当初UAのマイレージとタイムシェアー(土曜から次の土曜までの7泊9日)で計画していましたが、希望の日程でチケットが取れず、とれたのはアライアンスを組んでいるANAで水曜日発、帰りも一日と11泊13日になりました。
(ANAのアテンダントやサービスの素晴らしさを改めて認識しました)
前後で予定より4泊増えたのでラグーン宿泊前の3泊はカウアイ島に行く事にしました.そんな理由でカウアイ島に行ったのですが,初めてカウアイの魅力に触れる事になりました.また最終日は素晴らしい機会が得られました。

現在ワイキキでもっともホットなポイントと言われているビーチウォークにあるヤードハウス前の芝生広場でJAL主催のフラのイベント「フラ ウィーク」が7月20日まで開催されています。
28日のイベント司会担当はなんとアロハチャンネルで大人気のkeiさんなのです。
Kei_yoko 実際にお会いし,お話するとkeiさんはテレビで見る以上に魅力的な女性でした。
日本語のおしゃべりもさすがプロなのですが、瞬間的にパーフェクトな英語への切り替えは米国人への変身という感じがします。
横須賀に住む私は国際結婚のバイリンガルの方なら何回か経験がありますが、それでも日本語・英語ともに完璧に話す方は始めての経験です。
アドリブでのお話も素晴らしく、会場は大いに盛り上がりました。

このイベントは前半がプロによるフラ、後半は滞在中の素人の飛び入りによるフラになります.そうは言っても踊るのは日本人だけですが。会場にいる日本人女性の大半はフラを習っている方あるいは先生ですので。

Yoko 今回のハワイも誰かにプレゼントしようと何枚か持参した自主製作CDがあります.折角の機会なのでそのCDで葉子はトウキョウベイを踊りました。
横須賀発のフラをハワイでという考えで2年前に作ったCDなのですが,本当にワイキキの空にクウレイさんの歌声が響き渡りました。
前半はハワイを代表するプロのフラを見ることができました.そのダンサーの腕や手の表現力は今まで見たフラでは抜群のもので,また決して日本では見ることの出来ないフラの真髄を見た気がしました。その方の実績が詳細に紹介されましたが,確かにそれだけの方だとすぐに分かるフラでした.
葉子はそのダンサー方が見ている前でのフラなので相当緊張したようですが、観客やイベントのスタッフから評判は結構良かったようです。

今回のケースは一流ピアニストのコンサート会場で終演後,その会場でピアノを習っている素人が弾くのと同じことですから、比較の対象にもなるわけもなく、緊張すること自体おかしいと思いましたが、日本でフラを習っている人あるいは先生の前で踊ることも相当なプレッシャーになったようです。
踊り終えた後は相当気持ちが良かったようで,keiさんのインタビューにそう答えていました。なんといっても本場ハワイの太陽の下で踊れたわけですし,一生の思い出になったことでしょう。

その後神戸ステーキハウスでに向かい,今回最後のディナーとすることにしました.
鉄板上の見事なパーフォーマンスを見ながら,隣に座った50台前半と思われるマウイキヘイ在住の米国人夫妻と雑談しながらステーキと寿司を楽しみました。
話しているとご主人はウエディング撮影のプロの写真家で,先日ホノルルで開催されたニコンD3の研修会への参加のためにワイキキに来ていたのです.私はいつも通りD80で料理の写真を撮っていましたが,そんな話を聞いたらなんだか恥ずかしくなりました.

話の最初にマウイに行ったことがあるかと聞かれたので,2回行ったがキヘイが一番好きだと答えました.さらにどこに泊まったと聞かれたので「カマオレサンズ」と思い出し,話したところ,彼等は貸すためにカマオレサンズのコンドを一室を所有しているとのこと.あまりの偶然にびっくりしました.

神戸ステーキハウスはハワイに行くたびにその前を通っていましたが, 
今回初めて利用しました.この日はステーキと寿司をそれぞれ一人前取り,それを葉子とシェアーしました.料理素材を使った鉄板上のパーフォーマンスは面白く,また大変おいしいものでした.寿司も今までハワイで食べた中ではダントツでした.ネタは新鮮でおいしく,シャリも小さいので酒を飲むには最適です.チップを含んでも二人で100ドル程度でした.
こんなに楽しく,おいしく,リーズナブルで日本人の舌にぴったりなのに何故か日本人客は少ないのです.この日は1割程度しかいませんでした.
来年6月に大学同期会を開催しますが,その時皆を誘って来ようと思います.いずれにし

フラとディナーで最高に盛り上がった最終日となりました。
後2時間ほどでホノルル空港に向かいます。

|

« カノエ ミラさん | トップページ | 築地 すし鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/41689193

この記事へのトラックバック一覧です: アロハチャンネルのkeiさんと:

« カノエ ミラさん | トップページ | 築地 すし鮮 »