« 日本の警察 | トップページ | 鎌倉散策追加 »

2010年4月14日 (水)

鎌倉散策 クアアイナとバーガーキング

Photo女房が鎌倉でフラを習っています.レッスン場所は大仏の先の笛田にあります.歴史を持つ閑静な住宅街にあるのですが道は狭く女房は最近変えた車では自信がないとのことでついて行きました.
どうにかなりましたのでそこで分かれて鎌倉駅方面に歩いて向かいました.
折角なので久しぶりに大仏によりました.
外国人が多いのはいつもの通りですが,英語圏でない欧米人が沢山おりました.
その後ハワイブログ仲間の方の推薦のすし屋「えにし」に行きました.
えにしはまる七商店街の奥まったところに3月に開店した立ち食いのすし屋です.
鎌倉駅から徒歩2分程度のところにこんなレトロの商店街があるということを何十年も鎌倉に行っていた私ですが全く知りませんでした.
えにしには12:30に入ったのですが誰もいませんでした.
そのうちに60代後半の女性が一人,40代のカップルそしてまた60代の女性が一人来ました.
このカウンターは5人で一杯なのです.
その日に仕入れた魚介類なので本当に美味しいのです.
昼はすし及びビールだけとのこと.
ビールを飲んでいる間にいい気持ちになり隣の人たちと色々話ました.渡し以外は皆ロコの人たちでした.鎌倉の話を聞いた後得意のどぶ板の話をして是非きてくださいとお話しました,
Photo_3 ビールを調子よく飲んでいると皆お愛想でまた私一人になりました.大将が入り口を見ているので振り返ると外国人が店を離れるところでした.私は後を追い,ここは美味しいしリーズナブルと言って多少強引に客引きをしました.
かれらはカナダ人でした.
皆ちょっとした日本語を話し,さらに漢字も多少読めるのです.
びっくりして聞くとハイスクールの時習ったとのこと.
彼等が高校生の時は日本が絶頂きだったのでしょう.
現在は皆中国語だと思いますが.
夜は椅子もセットされ刺身や煮つけそして日本酒もあるというので仲間と行こうと思います.ただ我々が行くと完全に貸切状態になるので大丈夫ですかとお聞きしたのですがOKだとのこと.(おいてある酒が全部なくなっても知りませんよ)
Photo_5 Photo_9  そのあと腹ごなしに八幡様に行きました.
幼稚園の遠足いらい50数年八幡様は見ていますので大銀杏がないこの風景は何だか不思議というか八幡様ではないような感じもしてしまいます.
ご神木ということで八幡宮はこれから色々考えるのでしょうが,八幡様のシンボル,さらに鎌倉のシンボルでもあったのでどのように扱うかは難しいでしょうね.
右は倒壊した根本部分です.
発芽が見られます.
後100年も経てばそれなりの大きさになるのでしょうが,私の生きている間ではせいぜい数メートルの細い幹にしかならないでしょう.

その後鎌倉のクアアイナに行きビールセットそして横須賀に戻りバーガーキングでワッパーを久しぶりに食べました.最近横須賀にお店ができたので一度は行こうと思っていたのです.
Photo_10Photo_12 30年ほど前,レンタカーでハワイを一周したとき,バーガー屋に寄りました.そこはバーガーキングという店でワッパーというのが人気商品ということだったのでそれを二つ頼みました.その時店員が私が持っていたバジェットのガイドマップを取り上げ,クーポンのページを切り取りました.
そのクーポンは一個買えばもう一つはただとのことで一個の価格で二つ手に入れました.
店員が売上を落とすこんなことは日本では経験がないのでびっくりしました.
ワッパーの味も質も今まで食べていたマクドナルドより上と感じましたが当時は日本にバーガーキングはありませんでした.かなり経ってから西武線沿線に店ができ,その後品川のウイングにもできましたので時々食べに行きました.
クアアイナや横須賀ネイビーバーガーが食べられる現在ワッパーはもういいと言う感じです.











|

« 日本の警察 | トップページ | 鎌倉散策追加 »

コメント

ふみおさんaloha~♪美味しかったでしょう♪ボクも近いうちにまた行きたいです。
しかし昭和漂うレトロな商店街、、
知らないと立ち入る事は無いかも!?

投稿: カイマナヒラ | 2010年4月14日 (水) 23:53

気をつけて街を歩くと、まる七商店街とか、野菜の市場とか木材問屋とかあんな地価が高いところにも関わらず懐かしい所が結構あります。
あそこまで昔のスタイルを守っているところはむしろ価値がありますね。
廃線となりそうだった江ノ電も今や鎌倉には無くてならない観光施設になったように。
(江ノ電沿線の住人の年収は日本一だそうです。東急線沿線を押さえて)

投稿: ふ み お | 2010年4月15日 (木) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の警察 | トップページ | 鎌倉散策追加 »