« 風力発電 | トップページ | 自宅周辺の熱帯植物 »

2010年5月28日 (金)

プルメリア

10数年前からハワイに行く度に挿し木用のプルメリアを買っています.
大半は枯れてしまいましたが,現在は2本が生きています.
ブロ友が素晴らしい花を咲かせたのでうらやましかったのですが,ついに咲きました.
123_2
というのは真っ赤な嘘で,先ほど園芸店で買ってきたものです.
育ててきたものはまだこんな状態です.
123_3
園芸展でプルメリアを見たのは初めてです.
1980円で可愛い花のついたプルメリアが買えたのは嬉しい反面,今まで何年間も苦労して育ててきたのは何だったのでしょう.

|

« 風力発電 | トップページ | 自宅周辺の熱帯植物 »

コメント

諦めることなかれ。我が家は間もなく9年になりますが、2mの大木になりました。毎年きれいな花を見せてくれます。間もなく花芽が出そうです。ただ問題は、冬の間は家の中に入れるのですが、だんだん鉢も大きくなり、入れたり、出したりが大変。毎回ぎっくり腰にならないかと…。残念なことに、この冬の寒さでブーゲンビリア2鉢が枯れてしまいました。冬は軒下に入れていたのですが。横須賀では地植えでも大丈夫だそうですが、八王子はやっぱり寒い田舎ですね。ハイビスカスは表に出さなかったので遅霜にやられることもなく、今日も5つ花が咲いています。 プルメリアは枝が増えたら少し切って(ハワイで売ってるように)挿木ができるので簡単に増やせますよ。我家ではだんだん年をとって面倒くさくなり、出し入れする植物は減ってきました。

投稿: Matt | 2010年5月28日 (金) 23:03

Mattさま
我が家の2本のわさびみたいな挿し木の左側は6年ほど経過していますがまだ25cmぐらいです.
9年とはいえ2メートルは凄いですね.それだけの大きさの家の出し入れは半端ではないですね.中腰でしかも鉢を傾けなければ無理だと思いますが.
肥料はどうしていますか.何をいつどのくらいの施肥なのですか?

投稿: ふ み お | 2010年5月29日 (土) 07:26

はい。プルメリアの出し入れは大変です。家の中ではもうすぐ天井にぶつかるので今年は花が終わったら上を切るつもりです。正直言って肥料はほとんどあげていません。年に一度位配合肥料をほんの少し。ただ2-3年に一度 鉢を一回り大きなものに植え替えその時に腐葉土などを混ぜていました。もうこれが限度ですので、これからは根の周りを少し落として同じ鉢に戻そうと思っています。以前2本枯らしてしまいましたが、恐らく水のあげすぎだと思います。案外と放っておくのが良いように思います。正直我々は園芸の知識はほとんどないので、ラッキーだったのかも知れません。

我が家はベリーが好きで、狭い庭のあちこちに植えていますが、今年はジューン・ベリーが沢山実をつけました。ブルー・ベリーは花が咲いてから遅霜で実は小さく 出来は良くないでしょう。 今年はどこも花が良く咲いているように思います。今は山ぼうしが満開です。花みずきとも少し違って日本的なきれいな花ですね。何故か今の時期 山(丘)は白い花が多いです。

異常気象で悪いことばかり報道されますが、何か良いことはないのですかね? 特に、円高は悪い事ばかりが報道されますが、国の価値も上がっており(本当かな??)、輸入品や石油も安くなるはずですが、あまり嬉しいニュースはありません。もっと良くなった(良くなるべき)事も報道すれば、世の中もう少し明るくなるのではないでしょうか…。

投稿: Matt | 2010年5月29日 (土) 11:05

Mattさん
元気の良い木のようですから剪定した枝はハワイみたいに売り物になりますね。(笑)

我が家には幼稚園時代通園経路の生垣にあり、かってに食べていた「木いちご」があります。食べるたびに見つかって怒られるかも、とびくびくしていた幼稚園時代を思い出します。
先日女房が品種は分からないのですがベリーの苗木をもらったので植えました。来年が楽しみです。

退職金の大半は米ドルの外貨預金にしていましたが、リーマンショックの時に豪ドル、NZドルにしました。
この米ドル安は豪ドル、NAドル安を招いています。当面塩漬けなので気にしていませんが。

6月末のハワイではおいしい料理が安く食べられるのが嬉しいです。

投稿: ふ み お | 2010年5月29日 (土) 12:52

私は証券会社から勧められるままにラップに預け、1年も経たぬうちに半値近くに、その後も中国、ブラジルと、まさに証券会社に貢献するばかり…。 いまだに金儲けには縁のない世界です。最近は もう私は金運がない…、と諦めました。こう決心すると腹も立たなくなりなりました(少しですが…)。
円高で海外旅行にはプラスですね。ハワイは楽しんで来て下さい。 

ハワイアンの好きなふみお御夫妻にハワイに行った時にひとつお願いがあるのですが、私(達)の好きなTeresa Bright (ハワイアン歌手)が沖縄民謡のアルバム(ハワイナワ)を3年前(?)に出した後 最近はさっぱり聞こえて来ません。 かなり前ですがゴンチチや小野リサさんと日本公演もやって、日本にはファンも少なくないのですが、どうしてるのかな? と気になっています。 ネットでも殆ど話題がありません。(日本の)良き指導者(?)がおれば、素晴らしい歌手になると思っていたのですが…。 もし機会あれば、彼女が最近どうしているのか(歌手として)? 知りたいと思っています。 

彼女のハワイアンも良いですが、私は彼女のハワイアン・ジャズに惚れています。歌手生活は辞めたのかな? 日本ではケアリー レイシェルは別格ですが、あまりハワイのシンガーが目立たないのを不思議に思っています(知らないだけかな?)。ハワイの人はGoing my wayなのかな?なんて勝手に思ったりもしています。 今度クウレイ・マオさんに会って見たいですね。

投稿: Matt | 2010年5月29日 (土) 22:55

10年後には日本円は200円以上の円安になるかもしれないと思っています。ある時国債が信用を失い、インフレが起こり円の価値が暴落、最悪の場合は円は紙くず同然になるかもしれません。
金利も高く、資源に恵まれたオーストラリアのドル、世界で一番安全と評され(離れ小島を攻めてもメリットはないですから)最近の3D映画の大半を製作し、今やハリウッドをしのぐ映画産業を誇るニュージーランドドルは日本円より遥かに安全と考えています。
(現在は米ドル以上のドル安になっていますが)

投稿: ふ み お | 2010年5月30日 (日) 09:29

Teresa BrightのCD等見てきます.
クウレイさんは時々ライブをやっていますので適当なものがあったら連絡致します.

投稿: ふ み お | 2010年6月 3日 (木) 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風力発電 | トップページ | 自宅周辺の熱帯植物 »