« スターオブホノルル&タンタラスの夜景 | トップページ | カノエミラーさん »

2010年6月30日 (水)

パンチボール

昨日日系2世のベッシーさんとお会いし、食事を語馳走になりその後パンチボールに連れて行ってもらいました。(3年前に彼女の米寿のお祝いに参加しました。今回も元気に車で案内してくれました)
新婚旅行以来31年ぶりのパンチボールです。

30年ほど前は大半の代理店はホノルル空港からホテルのチェックインまでの時間を使って市内観光をやっていました。途中ジャジャファッションに寄って何かを買わせ、またオプショナルツアーの押し売りをしていました。
「今申し込まないとすぐに売り切れる」というのが常套の文言でした。私達は米国人相手のツアーを利用していましたが、ほぼ半額ぐらいでした。
現在でも格安ツアーで台湾に行くとさらにひどいものがあると聞いた事があります。店に入ると無理やり買わせるためドアに鍵をかけてしまう場合もあるそうです。

我々のツアーはそれほどひどくはありませんでした。市内観光ではパンチボールやヌアヌパリを見学しましたが、眠くて何がなんだか分かりませんでした。
しかし翌日レンタカーを運転するので一番前に座り必死になって道路標示や道路の状態を見ていました。

31年まえ、下の場所についた瞬間はゴルフ場に来たのかと思いました。

Photo

このモニュメントははっきり憶えています。(最初の時は車窓から見ただけですが)

Photo_2
国が管理する軍人戦死者の慰霊墓地ですので整備も行き届いています。
ワシントンDCに行った時やはり国立慰霊墓地であるアーリントン墓地に行きました。日本人にとってはケネディーの永遠の灯火で有名ですが、米国人にとっては無名戦士の墓のほうがより大事なもののようでした。
下の写真の様に墓地内は多様な熱帯植物が咲き乱れていました。これは様々な色のブーゲンビリアが咲き誇っているところです。

Photo

|

« スターオブホノルル&タンタラスの夜景 | トップページ | カノエミラーさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スターオブホノルル&タンタラスの夜景 | トップページ | カノエミラーさん »