« ヤードハウス | トップページ | ヒルトンラグーン »

2010年6月27日 (日)

英文版振り込め詐欺

ハワイ到着日の夜に女房の米国の友人のアドレスで以下のメールが届きました。
要約すると英国に家族で旅行中パスポート以外全て盗まれ身動きできないので助けてくれとのことです。

I'm sorry for this odd request because it might get to you too urgent but it's because of the situation of things right now,I'm stuck in United Kingdom with family right now,we came down here on vacation,we were robbed, worse of it was that our bags, cash and credit cards were stolen of us at GUN POINT, it's such a crazy experience for us, we need help flying back home, the authorities are not being 100% supportive but the good thing is that we still have our passports but don't have enough money to clear the hotel bills, please i need you to loan me some money, I'll reimburse you as soon as I'm back home.PROMISE,You have my word,Hope to hear from you soon,

私が知らぬ間に女房は心配して返信していました。その次のメールは1500ポンドを振り込んでほしいというものでした。
話を聞いて米国に電話させたところ本人が電話に出ました。
すでに米国の50人以上の友人から確認の電話があったとのいこと。

友人のメールアドレスとアドレスブックがそっくり盗まれたようですが、どうやったのでしょうね。
本人のアドレスを確認して返信したようです。
彼女のアドレスを何かの方法で抹消し、再度詐欺犯が同じアドレスで作ったのでしょうか?

|

« ヤードハウス | トップページ | ヒルトンラグーン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。