« ハウツリーラナイ | トップページ | ゲッコー »

2010年7月15日 (木)

シェラトンのプール

副題通りの Hawaii Old & New です.

Photo
これは最近リニューアルされたシェラトンのプールです.
写真で見ると海と一体になったように見えます.

Photo_2
実際はプールと海の間にこの通路があります.左の建物の上にプールがあります.
写真で見る限り一体化しているように見えますが,これだけの段差がありますので肉眼で実物を見るとそれほど一体感はありません.
通路の真下は海で,波が荒いときにここを歩くとずぶ濡れになる可能性があります.

Photo_3 
これは30年前シェラトンに宿泊したとき部屋のラナイから撮影した写真です.
今でこそ日本でも水中照明は珍しくないのですが,このプールは水中照明されており,夜間このプールはブルーに輝いていました.日の出前ラナイで僅かに見える白波と輝くプールそしてブリーズを肴にバドを飲むのは至福の時でした.
現在も早朝ヒルトンのラグーンタワーのラナイで飲むことが多いですが,考えてみるとこのシェラトンの水中照明以来30年ラナイで飲むためにハワイに行っているような気がします.

この写真はコダクローム16という(スライド用)ポジフィルムで撮影したものを10数年前にコダックに出してCDR(フォトCD)にしたものです.その数年後個人で銀塩フィルムをCDR化できるようになり,このコダックフォトCDビジネスは破綻しました.
それにしてもやけにコントラストが強いですね.
コダクローム16はプロの写真家が風景を撮るときの定番のフィルムでした.
露出条件がが厳しく半絞りでもずれると発色が悪く使いものにならないものでした.
プロも露出計で測った適性露出に対してオーバーと不足で撮影して現像して一番良いものを使うという今では考えられない方法で撮影していたのです,
今や多少の露出不足はフォトショップでほぼ完璧に修正できますので本当に楽になりました,

当時もシェラトンの前の砂浜は狭かったですが,砂浜の上で往来していました.今や昔です.
本当にワイキキの砂浜は寂しくなってしまいました.
リニューアルしたのも昔のままだとデッキチェアーで甲羅干ししていると波をかぶることがあるようになったせいかもしれません.
一体感のためには海面とプール水面の段差が大きすぎると思いましたが,あの段差はデッキチェアーが波をかぶらないために必要な大きさなのでしょう.

ハワイ経済,米国経済が復活しない限り砂浜はやせ続けることになるのでしょう.
このままだとワイキキビーチは名前だけのものになってしまいます.

私の住む馬堀海岸には馬堀海岸駅があります.日本有数の遠浅だった馬堀海岸は40数年前に埋め立てられ,今や海岸はありません.埋め立てられる前は馬堀海岸駅のすぐ下は釣り具屋が数軒ありその向こうは海岸でした.
我が家の住所は馬堀海岸2丁目ですが,考えて見れば海岸の2丁目というのもおかしな話ですね.
我が家の目の前に現在は護岸公園があります.
高潮で2度ほど洪水状態になり,小泉さんが莫大な予算を取って例を見ない綺麗な護岸公園を作ったのです,
高潮の時は西友も水浸しになりましたが,西友のところは何万年前から海岸だったでしょうから水浸しになるのも当然かもしれません.

ワイキキビーチも人工の砂浜なので自然に任せたら昔の寂れた漁村時代の海岸になるでしょう,」

|

« ハウツリーラナイ | トップページ | ゲッコー »

コメント

凄くキレイです!とても30年前の写真とは思えませんね。
最初の現像はハワイでされたのでしょうか?
確かにポジで撮るとコントラストが強くなる様な印象があります。
私はこのぐらい強い写真が好きです。

投稿: 41751 | 2010年7月16日 (金) 00:39

この頃は現像は全て横浜駅西口の相鉄近く道路に面したのヨドバシの現像専門に扱っているブースに出していました.安くてしかも現像液の管理が良かったからです.
帰国後現像・プリント代で何万円も払っていました.
現在,プリントしなければ何もかからず嬉しいですね.円高といい成田の駐車場といいハワイ旅行は随分安くいけるようになりました.
30年前は女房との一週間強の安いホテルを利用したハワイ旅行でも4ヶ月分の手取り(ボーナス一回分以上)ぐらいは飛んでいました.
当時のポジフィルムは押入れの奥に10年以上しまいこんだままです.
引っ張り出してスキャナーでファイル化しようかと今考えています.(かびていなければ)
今と大分違うワイキキの写真が見つかると思います.
(誰もいない早朝のワイキキとか)
当時はレンタカーで観光スポットでない場所をポジフィルムで撮影した人は余りいないと思います.
面白い写真があれば良いのですが.

投稿: ふ み お | 2010年7月16日 (金) 03:39

約20年前、ユナイテッドが一日遅れ成田から遅れ便に乗ったのは私一人だけだったという奇妙な経験をしました正確にはもう一人だけ白人男性が東南アジアからトランジットで乗ってました。他の乗客は前日他の便に振り替えられていたためです。珍しいことに夜中にホノルルに着き初めてのシェラトンにチェックインした部屋から見た風景がこの写真と同じでした。その時気が付いたのですが建物が湾曲しているのでワイキキのほかの建物が一切見えないのです、まさにプライベートビーチ、苦労して夜中にたどり着いたところだったのも手伝って気分が少々高揚したことを思い出します。

投稿: やまんJP | 2010年7月16日 (金) 19:54

凄い経験をされましたね。
911のテロで空港が閉鎖されましたが、再開された2日後女房は友達がすでにハワイに行っていたのでハワイに行きました。(家族全員やめたほうが良いと言っていたのですが)
その時はビジネスで行ったのですが、ビジネスの乗客は2階席は使わず、一箇所に集められたそうです。
トイレが込んでいたのでエコノミーの方に行ったらガラガラ、数人しか乗っていなかったそうです。それを見て
ゾーッとしたと言っていました。
(ツアーは全て中止になっていたのです)

シェラトンのオーシャンビューは素晴らしいですね。
目が覚めてベッドから見る海は格別です。

投稿: | 2010年7月17日 (土) 10:02

↑上のお話しもちょっと凄いですね。
911の年の年末にハワイに行った時は確かに飛行機もワイキキのガラガラで奇妙な感じがしましたが、空いてて楽だった印象もあります。

投稿: 41751 | 2010年7月17日 (土) 20:43

911の前にタイムシェアーのオーナーになり、ポイントの上で行かないと流れてしまうということで女房1人でハワイに行く事になりました。
すでにハワイには本土かれの友人(米国人)やアロハクラブの友人が行っており、女房とともにラグーンに泊まる事になっており、その意味では行く必要があったのです。
ハワイに行っていた友人は情報不足で911がどんなものか理解しておらず、空港閉鎖中に女房にいつもと変わらないとのメールが来ていました。
ところが実際に行ってみると空港再開後皆いち早くハワイから脱出帰国したらしくワイキキはまるでゴーストタウンだったそうです。
昼ニ撮影したワイキキ海岸の写真には女房以外だれも写っていないものもあります。
30年前の写真にもそれに近いものがありますが、現在では不可能な写真ですね。

投稿: ふ み お | 2010年7月18日 (日) 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハウツリーラナイ | トップページ | ゲッコー »