« 驚異のウッドベース | トップページ | ハワイの風景 »

2010年7月22日 (木)

不思議なバンド

Photo

ロイヤルハワイアンセンター・ロイヤルグローブでの無料のハワイアンショーです.
ダンサーは180cm近い長身,スタイル抜群の若い美人です.立姿だけでも迫力がありますね.鍛えた体,脚力もあり安定した踊りでした.

しかし華がないのです.エアロビクスでやっているフラレッスンみたいな感じでした.外見的には全て揃ったダンサーなのに何故なのでしょうね.それがフラの奥深さなのかも知れません.

リードボーカルはNCも歌も化粧も表情何もかもこの道50年のやり手という感じでした.
彼女の楽器のペグを見て下さい.4つしかありません.ベースなのです.
マリアッチでは生ギターに似た形のベースを使っていますがボディーは馬鹿でかいです.こちらは生ギターのボディーとほぼ同じ大きさです.
既にUPしたウッドベースを抱えて弾いているミュージシャンを見たときは本当にびっくりしましたが,このベースも初めて見ました.

このバンドの楽器編成は不可思議です.
ギターは逆にエレキ(ソリッド)なのです.ハワイアンはエレキベースに生ギターが一番多いですね.

このバンドは結構間奏が長いのも目立ちました.ギタリストはかなりテクニシャンなのですが,殆んどカントリーミュージックの指使い,サウンドなのです.

フラもバンドも訳が分からず,最後まで混乱した状態で見ていました.もっともこういう不思議なバンドもハワイらしいと言えばそうなのかもしれません.

|

« 驚異のウッドベース | トップページ | ハワイの風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚異のウッドベース | トップページ | ハワイの風景 »