« 横須賀開国記念花火大会 | トップページ | 馬堀海岸のブーゲン&ハイビスカス »

2010年8月10日 (火)

ソレイユの丘のイベント

9日ソレイユの丘の水上ステージで女房のフラチームが踊りました.

先生のフラから格調と優雅さを感じました.
ハワイの著名なクムフラから習ったそうですが,ちょっとした指先のふりからもそれが分かります.

女房達はソレイユの丘の杮落としの時にも披露した猿島をテーマにしたハワイアンの「モンキーアイランド」も踊りました.
モンキーアイランドの歌詞に「それは横須賀」というところがありますが,ここのステージで聞くと嬉しい感じがします.

この日のステージには上海雑技団の元団員のショーもありました.
どんなものかとちょと見ることにしましたが超一流の芸で,日本の大道芸人とは全く違うものでした.
見たこともない離れ業の連続に小さな子供からおじいさんまで口をあんぐり上げての見物となりました.

普段路上で見る大道芸が草野球のピッチャーとしたらこの芸は大リーガーの著名選手といえる違いでした.
私は数年前上海で最高レベルの上海雑技団を見たことがありますが,これだけのものはなかなかなかったように思います.(危険というレベルも含め)

彼の演技の説明です.
テーブルの上に4本の変哲のないブランデーボトルを置き,そこに木製のイスの足を合わせて置きます.そのイスの上に一段づつ積み重ねる度に逆立ちを繰り返し,ついにはこの高さでの演技です.
イスに仕掛けがあるわけではありません.単に摩擦でこの形を保っています.
従って降りるときも大変慎重です.崩れたら大変なことのなることは容易の想像できます.

もし演技中に地震とか突風が起こったらどうなるのでしょう.
最終の高さは7メートルぐらいはありそうですから,いくら鍛えた体でもただではすまないでしょう.
30歳ちょっとだと思いますが,今までは一度も失敗していないということでしょうね.
何しろ早く無事に終わって欲しいという思いで見ていました.
始まる前にイスの芸を真似しないようにと言っていましたが,真似をしようとする人はいるのでしょうか?

演技終了後投げ銭となりましたが,列を作ってお金を入れる人が大半でした.
人間業と思えない演技は老若男女全てを虜にしました.
生の迫力はどんなCGより遥かに上ですね.

Photo_2

|

« 横須賀開国記念花火大会 | トップページ | 馬堀海岸のブーゲン&ハイビスカス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横須賀開国記念花火大会 | トップページ | 馬堀海岸のブーゲン&ハイビスカス »