« 銀塩フィルムのワイキキビーチ | トップページ | 横須賀開国記念花火大会 »

2010年8月 7日 (土)

一億年たつとハワイは日本付近へ?

「プレートテクトニクス」の仮説を発表した学者はその学会とは別の領域の学者だったのでこのコペルニクス的な優れたが学説は誰も認めないどころか笑いものにされたようです.
プレートテクトニクスに従った様々なプレートの移動による相互干渉が地震の根源と理解されるようになり,現在ではこの学説に基いた様々な研究が行われています.
(年間数cmの移動でも現在ではGPSで正確に測れます.大きな地震が起こると地表が数cmぐらい移動しますがその計測もGPSで測定できるのです.GPSh我々はカーナビで利用していますね.

ハワイは毎年6cmぐらいのスピードで日本に向かって移動しています.現在もハワイ島から溶岩が噴出していますが,その溶岩を供給している場所は深い場所にあり不動です.
地表に出た溶岩は固まり,太平洋プレートに乗って日本に向かって移動します.
溶岩の噴出量は変化しますので時により溶岩の固まりの大きさも変わります.それらがハワイ諸島です.
従って一番北に位置している先頭のカウアイ島が一番古い島ということになります.

その北にも沢山の島はあったのですがそれらは水没しています.ただ例外なのは巨大だったミッドウエイだけが水面に出ています.
この島の名前は日本人にとって決して忘れられない大きな意味を持ちますが戦勝国の米国でも同様なようです.
原子力空母ジョージワシントンが現在横須賀を母港としていますが,その3代前はミッドウエイでした.
リタイヤー後ミッドウエイは鉄くずになると聞いていましたが,サンディエゴ港で博物館として生き延びたそうです,横須賀港の三笠艦みたいなものなのでしょう.

ハワイまでは時速1000km近いジャンボジェットでもほぼ7時間かかりますが,その距離を年間6cmというカタツムリもびっくりの超スローな速度でも1億年たつと6000kmも移動するのです.
一億年間というのは感覚的には無限の期間だと思います.

しかし最近は一億という概念が昔より遥かに小さくなってしまいました.
かつて3億円事件がありましたが,その時の3億円というのは天文学的な金額と思いましたし,落合が1億円のプレイヤーを目指していたときも1億円?とびっくりしたものです.

それがイチローや18歳の石川遼の年収を知るに及び1億円という金額は自分には無関係としてもそれほどのものではないと感じるようになりました.

一億という数字は若い人には特別な数字には感じないでしょうね.
しかし1億年の長さは今も昔も変わりません.
人間が誕生したのはせいぜい400万年前です.400万年なんて宇宙の歴史から言ったら取るに足らないものです.

かつて「100万ドルの夜景」をうたい文句にしていた熱海も今のレートなら8500万円になり全然インパクトがありませんね.

|

« 銀塩フィルムのワイキキビーチ | トップページ | 横須賀開国記念花火大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀塩フィルムのワイキキビーチ | トップページ | 横須賀開国記念花火大会 »