« 昔のドール | トップページ | 出没街テック天国「横須賀」 »

2010年8月 2日 (月)

ウクレレピクニック

8月1日ソレイユの丘で第11回ウクレレピクニックが開催されましたが,ウクレレ講師の浅葉夫妻や生徒さんたちとともに見に行きました.
浅葉夫妻は逗子マリーナで開催された第一回からの皆勤賞なのです.(今年のハワイも含め)
ステージは2箇所での同時進行です.(どちらのステージを見ようかと迷います)

Photo
左は芝生の広場に設けられた特設会場,右は池の前に設けられた常設のステージです.
ソレイユの丘の杮落としの際女房達はこの常設ステージでモンキーアイランドを踊ったので思い出の場所でもあります.

現在ソレイユの丘は度々フラのイベントが開催されています.
しかしウクレレピクニックほど集客力のあるイベントはないと思います.
我々が着いた午後1時過ぎには駐車場は満杯,大型のバスも数台連なって停まっていました.(どうにか停められましたが)
ウクレレピクニックは今やソレイユの丘の最大のイベントに成長しました.

Photo_2 しかしこの灼熱の真夏ですが特設ステージの前には日陰になるものは何もないし,ビーチパラソルとかのセッティングは禁止されているのです.
皆汗だくでの見学のなかターフの下ではこんな赤ちゃんもいました.
(もし熱中症で事故があったら主催者は何かの責めを負うかもしれませんね)

数年前カピオラニ公園でウクレレフェスティバルを見たことがあります.
いかにもハワイらしいイベントで楽しかったのですが,ハワイではパブリック空間ではビールを飲めません.
その意味でくそ暑いですが私はソレイユの丘のほうが好ましいと思います.

Photo_3
左は高木ブーのバンドです.
私は40年前にベンチャーズやビートルズ,ローリングストーンズさらに日本に上陸したR&Bを葉山の一色海岸とかで演奏してました.
その10年前ぐらいはハワイアンバンドのブームがありました.
そんな関係で我々も生き残った上手なハワイバンドと一緒のステージもありましたが,その時と何も変わらない演奏でした.

コニシキは大人二人分ぐらいやせたらしく立ったまま歌えるようになりました.
かつて彼は「ハワイには僕ぐらいい太ったのはいくらでもいる 」とを気にかけていなかったのですが,IZが亡くなったのは相当なインパクトがあったのでしょうね.
胃を切り取ってまでやせたのですから.(胃の切除手術は米国ではそれほど珍しいことではありません.10年ぐらい前知り合いの将校の奥さんも手術をしました.胃の中に風船をいれて容積を狭くする手術もあるとのことでした)

コニシキの奥さんのフラを目の前で初めて見ましたが素晴らしいと思いました.日本人としては最高のレベルにあると思います.
腰の安定感に加え腕や手のひらの柔らかさ,表現力はハワイの一流ダンサーと見間違えるぐらいでした.

カマカでサイン入りバッグを無料で配っているとのことを会場でお会いしたブロ友のカイマナヒラさんから聞きそのブースに向かいました.

Photo_4左のカレイは友人の日系3世ウクレレ奏者クウレイの知り合いとのことで,また真ん中のブライアンはスラックキー奏者でもあるとのことだったので彼等のCDを買いサインしてもらいました.
カイマナヒラさんはこの3人全てのしりあいでした.

右の大柄な男はウクレレのカマカの弟さんとのこと.
10年ほど前にハワイでカマカのウクレレを買ったと伝えると喜んでいました.



Photo_5
この後彼等の演奏を聞きました.ブライアンの奏法はスラックキーの旋律も感じられ私の好みの演奏でした.
カレイの演奏はジェイクを彷彿とさせるものがありました.若い奏者にとってはジェイクは目標なのでしょうね.
MCによるとジェイクの目標はブライアンとのことです.面白いですね.

Photo_6
イワオさんの競演です.
こんな豪華なステージが無料で見られるというのですから各地から大型バスでソレイユの丘に来るのは分かります.

徐々に暗くなりフィナーレを迎えました.

Photo_7
この女性の口笛の音色,特に高音部は半端ではないのですが,それもそのはず日本チャンピオンだそうです.
関口さんは非常に静か,丁寧な演奏とMCでした.桑田さんのこともあるのでしょうね.

|

« 昔のドール | トップページ | 出没街テック天国「横須賀」 »

コメント

ウクピクは行きたかったのに
今年も都合がつかず残念‥。
でも 行けなかった私も ふみおさんのブログでまるで会場に居たかのように
当日の様子が手にとるようです。

来年こそはいかなくちゃ‥

投稿: bambi | 2010年8月 3日 (火) 09:03

ソレイユの丘でのウクピクはくそ暑く、時には大雨になったりしますが、それらをしのぐ屋根があるところはとんどありません。

という事に対応できれば本当に楽しいイベントだと思います。晴れ雨兼用の傘も良いかも知れません。

ビーチパラソルは禁止されています。
ビショップミュージアムの広場の特設会場でジェイクのライブを見た事がありますが、その時は半端でない雨でした。
私達はびしょぬれになりましたがロコには小さな傘持参組も結構いました。周りに迷惑をかからないような傘のさしかたになれており気になりませんでした)

太陽光発電での携帯用扇風機のいいものがあれば買いたいです。

下はジェイクのライブです。
http://monkeyisland.cocolog-nifty.com/fromyokosuka/2007/07/post_75c6.html

無料だから仕方がないのですが、同時進行のステージがたとえばモニターで分かれば便利なのですが。

投稿: ふ み お | 2010年8月 3日 (火) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔のドール | トップページ | 出没街テック天国「横須賀」 »