« ヒルトン東京のハワイアンフェスティバル FLY ME TO HAWAII | トップページ | ショッパーズプラザ そうらんのイベント »

2010年11月 6日 (土)

米国へ移民した日本人と日系2世

11月3日から5夜連続で「99年の愛~JAPANESE AMERICAN」という番組が放送されています。
昨日までは太平洋戦争によっていわれなき迫害を受けた日系移民の姿が描かれています。

かつて「101歳の看板娘 ヒロのてしま食堂」について書いた際に「ホノカアボーイ」についても書きました。映画に登場するある日系二世は寝ているかポルノ雑誌を見ているだけでした。
実際は子供の教育費を稼ぐため朝早くから夜遅くまで働きづめだった日系2世にそんな人がいるわけもなく、大変失礼だと書いた事があります。
一世の両親の働きづめの背中を見て育った日系2世のてしまさんは103歳になった今も現役で頑張っているようです。

http://monkeyisland.cocolog-nifty.com/fromyokosuka/2009/03/post-341d.html

32年前ハワイに新婚旅行で行きましたが、それ以来ほぼ毎年ハワイに行っています。
新婚当時の日系人は3世が大半でしした。彼らから自分の祖父母や両親が如何に厳しい境遇のなか如何に頑張ったか、そしてその結果誇り高い現在の日系人社会を作ったと何回も聞きました。
442部隊の話ももちろん聞きました。

「99年の愛~JAPANESE AMEAICAN」はフィクションであり、相当脚色されていると思いますが、30年前にハワイで聞いた話と重なる部分も沢山あります。

パンチボールやパールハーバーに行った時には442部隊を始め日系2世そして米軍人の大きな犠牲があったことを思い出してほしいと思います。

重ねて書きますが、「ホノカアボーイ」を映画化した人達は今回の番組を見てどう思うのでしょう。聞いてみたいものです。

|

« ヒルトン東京のハワイアンフェスティバル FLY ME TO HAWAII | トップページ | ショッパーズプラザ そうらんのイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒルトン東京のハワイアンフェスティバル FLY ME TO HAWAII | トップページ | ショッパーズプラザ そうらんのイベント »