« 垂れ流しの朝日新聞記事 | トップページ | テレビ局の垂れ流し体質。護摩行。原発の安全神話。 »

2012年1月10日 (火)

ブーゲンビリアの花芽 熱帯植物が横須賀で越冬

我が家は土植えしたブーゲンビリアが今も咲いています。
右側の葉はハイビスカスです.

Photo_2

下の鉢植えのブーゲンビリアは12月初めまで外に出していたのですが、冬を越せそうもないようなので出窓に移しました。
家に入れた後も葉はほとんど落ちてどうなるかと思っていましたが、今度は芽が出てきました。
一部の芽に色がついていたので期待していましたが、数日前からそれが色づき始めました。

寒空で頑張って咲いているブーゲンビリアも良いですが、健気に咲いている花も良いですね。

Photo                 
10年前にハイビスカスとブーゲンビリアを地植えしました.
ハイビスカスは余りに大きくなりすぎましたので毎年11月ごろ剪定していますので,今は花は咲いていませんが,本当に元気です.色が違う真ん中辺りの葉はブーゲンビリアです.

ちょっと調べるとハイビスカスは室戸岬が北限とのことですが、横須賀は室戸岬より北緯は1度、距離にして100km以上北に位置します。
我が家のハイビスカスは葉の勢いでも分かるとおり元気一杯で冬を越します.
年々耐寒性が増しているようです.
園芸店で買った鉢植えのハイビスカスですから、もともとは特に耐寒性があるものではないものです。
北限はアカデミックなものではないのかもしれませんが、少なくとも室戸岬は北限ではありません。
Photo_3

|

« 垂れ流しの朝日新聞記事 | トップページ | テレビ局の垂れ流し体質。護摩行。原発の安全神話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 垂れ流しの朝日新聞記事 | トップページ | テレビ局の垂れ流し体質。護摩行。原発の安全神話。 »