« 2012年最初のプルメリア | トップページ | 原発再稼働 電力会社の収益 »

2012年6月23日 (土)

ハワイ 再生エネルギー

昨夜再生エネルギーの特集番組でハワイが取り上げられていました。

このブログはもともとはハワイ関連をUPしてきましたが、311後エネルギー関連についてもUPを始めました。
しかし、ハワイとエネルギーを同時に書くのは初めてです。

昨夜の番組ではハワイは先進的に再生エネルギーに取り組んでいることが分かりました。

太平洋の真ん中にあるハワイはエネルギーだけでなく、食料その他あらゆる素材を海外から運ぶ必要があります。
物価は全米1高いですし、電気代も本土の倍以上ということは知っていました。
電力のほぼすべては海外(本土)から運んだ原油、石炭による火力発電によっています。

27年前にマウイに行ったとき風力発電機が数十台並んでいるのを見ました。随分先進的だなと思い帰国後三菱重工の友人(現在原子力発電のトップ)に聞きましたが、あれは三菱重工の風力発電と言ったのでびっくりしました。
30年前より電力は大きな問題だったのですね。原子力発電は州法で禁止されているようですし。

その後風力発電機があったあたりもホテルが建つようになり、低周波の問題や景観的な意味で撤去されたようです。

もともとハワイは風の宝庫でその風を使って太平洋の諸島から移住してきた人が原住民になりました。
その風を使えば高効率の風力発電所ができるわけですが、観光政策上NGなのでしょう。沖合に風力発電機を設置しようにも沖合はすぐ深くなるのでこれも無理です。

ハワイ島には日本の温泉とはけた違いの地熱エネルギーがありますが、発電設備を作っても10年以内に設備もろとも溶岩に飲み込まれてしまうでしょう。

ということでハワイでは熱帯の強い太陽エネルギーを利用するのがベストでしょう。

数年前帰国で空港に向かうH1から大半の戸建住宅の屋根に太陽光パネルが載っているのを見ました。
昨日の放送でそれは太陽光パネルではなくて太陽光温水器ということが分かりましたが。

一年中水道の水温そして外気温が高く、さらに日照時間が長いハワイは温水器にとってこれ以上のとろこはないですね。
彼らは朝早く熱めのシャワーを浴びるのが習慣で、めったにバスタブにお湯をはりませんので、それほど大きくない温水器でも充分でしょう。
新築物件はこの温水器の設置が法律で義務つけられているとのこと。補助金等で実際かかる費用は15万円程度、4,5年で元が取れるそうです。

ハワイと同様な環境にある沖縄の必要とする電力における再生エネルギー率はわずか0.2%で、ハワイの40分の1だそうです。

ハワイは2030年に省エネを30%果たし、必要電力にしめる再生エネルギー率を70%にするとのことです。

理念をもって政策を作り、それを実行するハワイ。彼我の差を感じざるを得ません。

2030年のハワイは文字通り夢の国になります。

空気の透過率もさらに上がり天文台にとっても嬉しいことになります。

|

« 2012年最初のプルメリア | トップページ | 原発再稼働 電力会社の収益 »

コメント

私が進めているメガソーラー発電所が7月1日から送電開始いたします。 ハワイにまけずにこれからも再生エネルギーによる発電所を増設していきます。

投稿: カマアイナ | 2012年6月24日 (日) 07:56

カマアイナさん
メガソーラーはどこに設置されたのですか?
出力はどのぐらいなのでしょう。

投稿: ふ み お | 2012年6月24日 (日) 08:34

ふみおさん、兵庫県加西市・加東市に建設しています。
基本設計と太陽電池の架台設計は私が担当しました。
メガソーラー発電所では珍しいHITを採用しています。
7月1日から営業送電開始の第一発電所の出力は2MWで、
隣接地に続いて建設中の第二発電所は1.5MWで合計3.5MWの出力になります。

http://www.ecobloxx.com/solar/solar2.html

ご参考まで

投稿: カマアイナ | 2012年6月24日 (日) 09:00

ふみおさん、こんにちは。
兵庫の太陽光第一発電所(2MW)は7月1日から発電開始し、発電式の様子はNHKのニュースで取り上げられました。 現在は隣接する第二発電所(1.5MW)の建設中で9月1日から発電開始をめざしています。
両発電所の構内には降水時排水用の川と橋をつくってあり、樹木のかわりにソーラーパネルが林立する庭園みたいな雰囲気です。 晴れの日に見に行ってもすごいですが、大雨の日も日照量が0.001kW/m2 以上(晴れの日は1kW/m2くらい)あればせっせと発電し、降った雨が排水路を通して人工川に滝のように流れて敷地内に設けた防災用調整池に流れる様子も設計どうりでほっとしています。

投稿: カマアイナ | 2012年7月16日 (月) 06:36

カマアイナさん

メガソーラーになると太陽光パネル本体だけでなくその設置架台の機能・性能も大きな要素になるとの記事を見ました。
単にパネルの架台というだけでなく複合的な機能・性能を持たせたもので貴社のものは評価が高いようですね。

7月14日に大学同期会が開催されました。HGさんはいつも滋賀から日帰りで来られるのですが、今回はパネル断線検査装置の売り込みで忙しく来ませんでした。
貴社にも売り込みに行くと以前メールがありました。

投稿: ふ み お | 2012年7月16日 (月) 11:51

いつもありがとうございます。
本当にHGさまも大忙しの様子です。 来週あたり検査装置の実験に発電所まできていただけるかな。 もしお時間ありましたらHGさまといっしょにこられてメガソーラー発電所のご見学でもいかがでしょうか。 ご案内いたしますよ。

投稿: カマアイナ | 2012年7月16日 (月) 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年最初のプルメリア | トップページ | 原発再稼働 電力会社の収益 »