« フーターズ銀座 | トップページ | 横須賀 chez  田坂 »

2012年9月 7日 (金)

地植えのブーゲンビレア 北限はどこ?

Photo 10数年前に鉢から取り出し庭に植えたブーゲンビレアが成長し、根から10メートル以上離れた玄関まで届くようになりました。

この手作りのガレージも10数年前に作ったものですが、着くた時、この屋根の上にブーゲンビレアが茂ったらいいなと夢みていました。実際にその通りになり見るたびに嬉しくなります。
ブーゲンビリアはしだれ桜のように垂れ下がった時が一番風情があるようです。ハワイでは力強い幹に咲いているので、なかなか見られませんが。

ブーゲンビレアの北限はどこだか分かりませんが、関東地方では珍しいのではないかと思います。

馬堀海岸は北方向が東京湾になりますので、北風が海で暖められるために真冬でも霜が降りることはありません。
表日本で北側が海というところは少ないのでは。

霜が降りたら熱帯植物は確実に枯れます。

10代のときはこのあたりは雪が降らないのでつまらないと思ってましたが、この年になると冬が暖かい(夏は海風で割と涼しい)のは嬉しいことです。

|

« フーターズ銀座 | トップページ | 横須賀 chez  田坂 »

コメント

海外旅行が好きで、南洋の植物の庭作りを始めてます、東京 大田区でオアフ島で見たブーゲンビリアの地植え、高さ3メートル 直径2センチ パープルの花、名前はエリザベス アガスチンが冬越しできました、ヤシも地植えしています、名前は、フェニックス ロベレニー2.5メートル40%の成功率で大変だが、3回冬越できました、ドバイで見たムラサキ御殿もok、ホンコンカボックは、3メートルの生垣にしている、バナナの、レッドタイガーは、もう4メートル、ゴムの木の、アルテシマは、雪の降らない年は越せましたがダウン、研究の結果、建物の壁に着ければ、遠赤外線効果で冬越できました、東京で南洋の植物の庭作りは、大変だけど、リゾート気分は、最高でやめられない、東京だから上手くいくと常識はずれの面白い庭となる。

投稿: 温暖化実験室 | 2014年5月18日 (日) 12:15

温暖化実験室さん

大田区でのブーゲンビレアの越冬は相当珍しいのでは。
我が家のブーゲンビレアは地植え後10年ぐらいたち、幹の直径は10cmを越えました。

我が家の近くには現在咲き始めたブーゲンビレアがあります。我が家のは7月にならないと咲きませんが。

馬堀海岸駅の隣の庭にはかなり大きな「この木なんの木」モンキーポッドがあります。

また我が家から徒歩15分ぐらいの走水海岸の民家に庭にはバナナがあり、毎年実をつけています。

我が家のハイビスカスは4月までは枯れ木状態ですが、5月になると新芽が出てきます。
7月になると毎日10輪以上の花を咲かせます。
待ち遠しいです。

投稿: ふ み お | 2014年5月20日 (火) 09:57

偶然見つけました。横浜に住んでいます。

ブーゲンビレアの地植えはやったことが有りませんが、ジャカランダの地植えで見事失敗しました。

南アフリカのヨハネスブルグで春になると町中がジャカランダで紫色になる。気候から言ったら、ヨハネスブルグの方が最低気温はー7~8℃くらいまで下がるので厳しいはず。

1年目は何とか越冬しましたが2年目の冬が寒くて、根まで枯れてしまいました。

考えてみたら、ヨハネスブルグは夜―7~8℃まで下がっても、日中には15度くらいまであがる。短時間ならかなり極端な寒さにも耐えると言う事のようです。

投稿: 高柳 | 2014年6月 1日 (日) 20:06

高柳さん
コメントありがとうございます。

ジャカランダの満開は本当に見事ですね。ハワイでジャカランダの並木を見たことがあります。

横須賀でも6月になるとみられます。
http://monkeyisland.cocolog-nifty.com/fromyokosuka/cat7514034/

馬堀海岸駅の隣の家にこの木なんの木(モンキーポッド)があります。
高さ5メートル位ですが、樹形はまさに日立の樹です。

投稿: ふ み お | 2014年6月 2日 (月) 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フーターズ銀座 | トップページ | 横須賀 chez  田坂 »