« 原発へのミサイル攻撃 | トップページ | 貨幣大試験 »

2012年11月10日 (土)

横須賀の冬の熱帯植物

立冬を過ぎ急に寒くなってきました。そろそろ鎌倉の紅葉も楽しめそうです。

一方これから4月までは熱帯植物は寒さに耐えることになります。

我が家の庭には10年ちょっと前に植えたハイビスカスとブーゲンビリアがあります。かなりの大きさになりました。

下の写真は昨日撮影したものですが、ハイビスカスはこんな状況です。つぼみが結構ありますので年末までは咲きそうです。

Photo_6
ブーゲンビレアは寒さで花が縮こまっています。きれいに開いてほしいのですが。

Photo_7
Photo_8
これは熱帯植物ではないと思います。亜熱帯性かと思います。

3年前に植えました。6月ごろ盛大に咲いていましたが、また最近咲き出しました。

花の名前を忘れてしまいましたが、この花には思い出があります。

10数年前に横須賀ベースに赴任してた将校夫妻が帰国、リタイア後はノーフォークに住んでいます。

日本びいきの奥さんは12畳ぐらいのゲストルームの一つを全てトトロ関連商品で飾っており、車のナンバープレートもTOTOROなのです。

トトロが大好きなことを知っていましたのでホームステイしたときは米国では手に入らないトトロを鎌倉の小町通りにある店で買ってプレゼントしました。

そのときこの花が盛大に咲いており、また蜜を求めてハチドリが沢山飛んできました。

野生のハチドリを見たのは初めてでしたのでその時のことはよく覚えています。
園芸店でこの花を見たときにその時のことを思い出して手に入れました。

ノーフォークは米軍最大の基地であり、陸軍、空軍、海軍の大将の公邸があります。歴史的な建造物ですが今もそれを住居として使っています。

ノーフォーク基地からペリー(黒船)は出航しました。その桟橋を教えてくれました。
また原子力空母のジョージワシントンも横須賀に来る前はノーフォークを母港としていたのです。

ということでノーフォークは横須賀とだけでなく日本の防衛について深い結びつきがあるのです。
ペリーが上陸して数日後に本国にあてた文書のレプリカが横須賀商工会議所に展示されています。
他のアジアと全く異にする文明を持った日本は近い将来欧米と競うことになると予想しています。
第二次世界大戦後ロシアの話をけって米国は日本全土を占領することにしたのはペリーの報告が理由の一つです。
そうでなければ朝鮮半島やベトナムと同様国家を2分されている可能性がありました。

|

« 原発へのミサイル攻撃 | トップページ | 貨幣大試験 »

コメント

ふみおさん、地植えのハイビスカスとブーゲンを見せてもらいに来ました~wink
これって、屋根の高さまで大きくなってるんですか~?
すごいですねぇ!heart02憧れちゃいます。
まずは植木鉢を室内で冬超えさせて、大切に育ててみたいと思います。

ピンクのお花はマンデビデラ?サンパラソル?でしょうか?
思い出深い子は、特にかわいいですよねぇ~

投稿: eriri | 2012年11月10日 (土) 17:42

eririさん
コメントありがとうございます。

ハイビスカスは大きくなりすぎ3,4年前から幹の突端をカットしています。もしカットしなかったら二階の屋根を超えるぐらいになっていると思います。
ブーゲンビレアは庭の隣にあるガレージの屋根に伸ばしました。
一番伸びた枝先は根元から10メートルぐらいあると思います。
花の最盛期は見に来てくれる人もいます。

名前を頂いたのでちょっと調べたところサンパラソルはサントリー・フラワーのマンデビラの園芸種なのですね。

http://blue.ap.teacup.com/jolokia/39.html

ノーフォークの退役将校は元大型輸送機のパイロットでした。UAとかでも働けたのですが、現在自家用ジェット機のパイロットをやっています。

芸能人や会社幹部を運んでいるとのこと。
セレブは自家用ジェット機を持っていてもパイロットはその都度雇うようです。
丁寧に扱ってくれる人もおれば、奴隷のごとく扱う芸能人も結構いるとのこと。

投稿: ふ み お | 2012年11月11日 (日) 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発へのミサイル攻撃 | トップページ | 貨幣大試験 »