« アウラニに着きました。 | トップページ | アウラニ2日目夜 »

2012年11月30日 (金)

アウラニ二日目

今日は一日アウラニ内ですごす予定であとはディナーだけです。女房と娘は今も外で遊んでいます。(訳が分からない孫も付き合わされています)
これは9階のエレベーターホールからの眺望です。

Photo
私たちは同じ9階ですが海側です。
アウラニはハワイ+ディズニーランド+ホテルがミックスしたものですが、ホテルとしては宿泊費の割に良くはありません。
しかしディズニーランドとハワイのコンビネーションは想像以上のものです。
ホテル内の無料の施設は圧倒的で他の追随を許さないと思います。

これは流れるプールですが、大人も楽しめます。
浮き輪に寝そべっていれば熱帯植物に囲われた水路で滝のとなり、橋の下、洞窟をくぐり抜けます。
この施設だけで3000円ぐらいの価値はあるのでは。

Photo_2
常夏のハワイといえども雨期直前ですが、プルメリアが咲き乱れています。

Photo_3



|

« アウラニに着きました。 | トップページ | アウラニ2日目夜 »

コメント

ふみおさん、アウラニはなかなかよさそうですね。
私のほうは4日からヒルトン東京ベイに宿泊します。
東京ディズニーランドに行ったことがなかったので、こちらも初体験です。 ホテルに事前に確認のため電話したら、無料でアップグレードしてもらいました。

投稿: カマアイナ | 2012年12月 2日 (日) 19:16

アウラニは自分が楽しいのではなく娘や女房が楽しんでいるのを見る楽しさでがす。
日本人女性の場合は何歳になっても楽しめるところだと思いますが、米国人の場合はせいぜい中学生までのようです。
今回は9ヶ月の孫をつれていますが、日本人の乳児を見る機会がほとんどないようで、スタッフだけでなく客からも声をかけられます。
ディズニーランドに行ったら是非ホーンテッドマンションに行ってください。
今でもあれだけのレーザーのテクニックが見られるところは余りないと思います。

投稿: | 2012年12月 3日 (月) 00:18

ふみおさん、幕張メッセの展示場から帰ってきました。
宿泊はヒルトン東京ベイ最上階のセレブリオンで、ディズニーリゾートラインに乗って毎朝出勤でしたので、毎日非日常から日常世界への往復を味わっていました。 夕方6時から入園料が安くなるので、ディズニーシーだけは行きましたが、昼間は展示会場で立ちずめで、夜はディズニーで歩きどうしでしたが、あまり疲れを感じなかったのは年のせいでしょうか。 きっとあとで疲れがどっとくるんでしょうね。 HKさんと幕張で夜飲みにいきました。 HGVCに入ったらとすすめておきました。

投稿: カマアイナ | 2012年12月 8日 (土) 08:56

23年前にハイアいットリージェンシーワイコロア(ヒルトンワイコロアビレンジ)に泊まりました。
これはディズニーランドを設計した建築家が設計したものです。
外資系の日本人のビジネスパーソンがジャングルクルーズと同じボートで会議場に向かっていました。
とても仕事をする気にならないと言っていました。(笑)この円高だと購入のチャンスですが、一方10年で年会費が2倍ほどになりました。
今後10年で円安に触れたら大変なことになりますね。

投稿: ふ み お | 2012年12月 8日 (土) 10:05

自宅を新築するついでにワイコロアで建設途中のキングスランドを購入しましたが、まだ行ったこがなくホテル手前のベイクラブをよく利用しています。 ホテルロビーからボートに乗船したら会議どころではないですね。
でも、効率よく短時間で会議を切り上げてあとは現地でエンジョイするのが良いですね。

私もIBM時代初めて行ったハワイでワイキキビーチに面したシェラトンにて会議しましたが、まわりの景色はまったく気にせずにホテルに入ったらすぐにパソコンで資料をつくるありさまで、会議で同席したメンバーが私の部屋を訪ねてきて窓からワイキキビーチとかダイヤモンドヘッドが見えることに気がついたのはそのあとでした。 どうりでどこかの新聞、雑誌でみたような山だと思っていました。(笑)

円高になろうが円安になろうが香港の銀行で米ドルで運用している口座と日本で円で運用している口座の運用利益で有利なほうでいつも年会費値上げをカバーしながら支払っています。 タイムシェアー購入予算金額の半分を年会費用の投資に回して、残り半分で身の丈にあったアップグレードにて楽しんでいます。

投稿: カマアイナ | 2012年12月 9日 (日) 10:24

34年前の新婚旅行ではワイキキのはずれのプチホテルニューオオタニでした。
その時見たシェラトンの豪華さに圧倒されるとともに是非泊まりたいと思いました。
それで翌年千趣会が始めたハワイの旅がリーズナブルだったのでシェラトンのオーシャンフロントに泊まりました。
今はやめてしまったハノハノルームは現在のラメールより日本人にとってさらに敷居が高いレストランでした。
大半の客が金持ちそうな中高年のカップルで正装しており、ライブが始まると踊りだすのです。
映画の世界でしか見たことのない世界でした。

ワイコロアのヒルトンは東京ディズニーランド同様スタッフは地下通路を利用しています。
ホテル内の移動そのものがエンターテインメントなのでボートやトラムでの移動には相当な時間がかかります。
チェックインの時にラッゲージを渡し、すぐに部屋にボートで向かったのですが、部屋内にはすでにラッゲージがおいてあり、どうなっているのかと思いました。後で地下通路の存在を知りましたが。電動自動車かなにかで運んでいるのでしょう。
その会議室に向かう日本人もそのボートの利用なので部屋に忘れた資料を取りに行くにも時間がかかり嫌になると言っていました。

私は食いつぶしている退職金の大半は外貨預金なので円安になるとハッピーなのです。
現在新生銀行の社長の昔の仲間に退職当時大半を外貨預金にしたと言ったらリスクが高すぎると言われましたが。
なので私の場合は消極的な意味ですが円安円高は年会費に関しては関係ありません。

投稿: ふ み お | 2012年12月10日 (月) 03:09

アウラニ、素敵ですね~~!

ふみおさんの奥さんや娘さんと同じく、私も年甲斐もなく大はしゃぎすると思います。
この雰囲気だけでテンション上がりますし、ディズニーの世界に浸っていられるだけで幸せですよ。
うちもスティッチの耳持って、キャラクターのコンプリートしに行こうかなぁ~~。

今回はワイキキのみ7泊なので、次回以降のお楽しみ・・・になってしまいますが。
雰囲気だけでも味わいに遊びに行きたいところですが、宿泊客でなければグリーティングはできないんですか?

投稿: のんあゆ | 2012年12月12日 (水) 17:00

のんあゆさん
アウラニはかなり高ク設定している宿泊費の特典として様々な無料のアアトラクションをやっているようです。

帰国の翌日に行ったジムで昨年ワイキキからアウラニに遊びに行った知り合いがキャラクターは遠くから覗いているだけで一緒に写真は撮らしてくれなかったと言っていました。

ディズニーマニアにとってはアウラニで過ごす数日は夢の中の毎日のようです。

ディズニーマニアの娘は孫がその楽しさが分かる年齢になったらアウラニにまた絶対行くと言っています。

スティッチの耳の威力はアウラニだけでなくワイキキでもかなりのものがありました。

女房はアウラニの宿泊者と証明するカラーのビニールの腕輪(プール利用の際に必要で毎日色が変わる)をヒルトンに行ってからもつけていました。
それを見たヒルトンのスタッフからアウラニはどうだったと聞かれていました。
ハワイに住む人にとってもアウラニはあこがれのようですが、高過ぎていけないと言っていました。

一方、アウラニで働いているスタッフはハワイ語ができる人が多いようです。フラと歌の達人というかなりのタレントも数多くいます。

ハワイ語が話せるというのはアファーマティブアクションとい意味もあるのでしょうが、ロコにとってグローバル企業であるディズニーで働くことは将来にとってかなりのチャンスのようで、優秀なスタッフが沢山いました。
東京ディズニーランドでもアトラクションのダンサーは将来のステップとして踊っている人が多いと聞いたことがありますが、アウラニはそれ以上の意味をもつ職場のようです。

投稿: ふ み お | 2012年12月12日 (水) 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウラニに着きました。 | トップページ | アウラニ2日目夜 »