« カウアイ島の殺人未遂事件 その後は? | トップページ | ハワイの八百屋 »

2012年12月28日 (金)

クモみたいな自転車 規制のゆるゆるなハワイ

12月初めのある日、クヒオのマキティーで食事し、カラカウア通、ハレクラニの前を通って海に出てヒルトンに戻った時の写真です。

カラカウア通りにこんなわけのわからない自転車がありました。

Photo_2
この後この自転車はカラカウア通りにでて走って行きました。
右側の人が進行方向を決めているようです。残りの人も自転車に駆動力を与えています。真後ろに進む人は怖いでしょうね。
こんなもので東京の銀座を走ったらすぐに警察が来るでしょう。どの法律に触れるかわかりませんが、とりあえず止められるでしょう。

10年前にワイキキでセグウエイを借りました。日本では今でも公道は走れません。自動制御による姿勢が制御された自動車に対する規定がないので車検がとれません。車検のない車は道路交通法で公道は走れませんという縦割りの2段論法によるようです。
またその時ワイキキの上をセスナで飛びました。生まれて初めての人間が操縦するセスナが人口密集地の上空を飛ぶのですから、日本ではありえないことですね。(離陸から着陸まで私の操縦桿で飛んでおり、機長は操縦桿を持たず助言するだけ)

ハレクラニの前を通りました。抑えた電飾ですが、さすが品格を感じさせるmのです。ハワイ(米国)では感謝祭が終わるとクリスマス一色になります。(横須賀基地内も)

Photo_3
Photo_4
そしてワイキキビーチです。ヒルトンに滞在すると夜ここを通ることが多いのですが他のホテルに泊まる人はあまりこんな風景を見ないでしょうね。
ワイキキだから問題ありませんが、カウアイ島はおろかラニカイでも夜は危なくて行けませんね。

Photo_5

|

« カウアイ島の殺人未遂事件 その後は? | トップページ | ハワイの八百屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カウアイ島の殺人未遂事件 その後は? | トップページ | ハワイの八百屋 »