« カノエミラーさん 長すぎるバケーション | トップページ | 7月初め 横須賀の熱帯植物 »

2013年6月28日 (金)

我が家の熱帯植物 横須賀の人口対策

地植えのハイビスカス、ブーゲンビレアが咲き始めました。ハイビスカスは毎日10輪ぐらい咲いています。

1

園芸品種の八重のハイビスカスです。
独特の赤色の花びら、突き出た黄色のおしべ、そして葉の形はやはりハイビスカスですね。

1_2
玄関の寄せ植えです。
手前のプルメリアの花芽がちょっとだけ色づき始めました。
冬の間ワヒラニにおいていたのですが、先日久しぶりに見たら枯れそうでしたので持ち帰りました。
この時期毎日状態を見ながら水遣りなどを養生する必要があるようです。

1_3

ところで、横須賀市は人口減少や産業の停滞により税収の問題が起きてます。
鎌倉、逗子、横浜は30分、東京も1時間以内で行くことができます。

鎌倉、逗子、横浜は熱帯植物が越冬することはできません。
三浦は可能ですが東京まで90分以上かかります。

海に面し、庭全体を熱帯植物を咲かせられるということは、ハワイが好きな人にとってはかなり魅力的なことだと思います。

横須賀市は海軍カレー、ネイビーバーガー、さらに軍港めぐりがヒットしてますが、次は熱帯植物の茂る公園を売りにできると思います。

現在も東京から海と冬も暖かいということで東京から横須賀に引っ越してくる人もいますが、屋外の熱帯植物園があればさらに引っ越してくる人も増えると思います。

我が家で地植えの熱帯植物が10数年越冬しているのですから、園芸のプロがメンテしたら素晴らしい「ハワイライクの公園」を作ることは可能だと思います。

横須賀には平成町に海風公園があります。BBQとかで市内外から沢山の若者が訪れています。
ここに熱帯植物を植えれば、アラモアナビーチパークと同じような素晴らしい「ハワイライク」な公園に生まれ変わり、さらに多くの観光客を誘致することができます。

明日30日は市長選です。
誰が市長になっても上の話をしたいと思います。

|

« カノエミラーさん 長すぎるバケーション | トップページ | 7月初め 横須賀の熱帯植物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カノエミラーさん 長すぎるバケーション | トップページ | 7月初め 横須賀の熱帯植物 »