« サンクトガレン大聖堂 世界遺産 | トップページ | 山岳用バス »

2013年9月 1日 (日)

横須賀の熱帯植物はまだまだ元気です。

10日間家を空けました。
隣人が毎日水遣りをしてくれたので我が家の熱帯植物は元気一杯で我々を迎えてくれました。

帰国2日前のマッターホルンの展望台では雪が降っていました。体が追いつきません。

101

101_2

|

« サンクトガレン大聖堂 世界遺産 | トップページ | 山岳用バス »

コメント

ふみおさん、お帰りなさい。 相当なサーマルストレスを受けたのではないかと思います。 ご自宅に帰られてほっとしたのではないでしょうか。 シンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城の写真ありがとうございます。 こういった角度も興味があります。 尖塔が美女と野獣に出てきたお城のようですね。

投稿: カマアイナ | 2013年9月 2日 (月) 18:50

チェルマットから登山鉄道でマッターホルン展望台に向かいました。
走り出して直ぐにガスの中。皆諦めていましたが、ある時にマッターホルンの頂上が見えました。
その時車内は歓声と拍手に包まれました。

展望台は雪が降っていましたが、皆気が張っているのか誰も寒いとは言いいませんでした。

ここでも一瞬は見えましたが、すぐにガスに包まれました。

季節にもよるでしょうが、絵葉書の様に見える日は年間何日もないのでは?

ノイシュバンシュタイン城は遠くから見るのに限ると思いました。
内装は金はかかっていますがイミテーションだらけで文化を感じるものがありませんでした。

投稿: ふ み お | 2013年9月 2日 (月) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンクトガレン大聖堂 世界遺産 | トップページ | 山岳用バス »