« 安倍首相の天動説 | トップページ | 20数年ぶりの花火 まるで煙幕 »

2014年8月30日 (土)

言葉の習得

昨日まで二人の孫が来ていました。

上の孫は2歳6か月になりました。
帰るときに「また来てね」といつも言います。その度に娘は孫に「また来るね」だと訂正しますが、そんなことは馬耳東風で何回も「また来てね」と繰り返します。
昔は「バイバイ」だけでした。
バイバイは帰る時も、見送る時も同じ言葉になります。
2歳の孫にとってオウム返しをすることで言葉を覚えていくのでしょう。
「また来てね」「また来るね」は同じ「バイバイ」の時ですが、状況に応じて使い分けるのですから、その判断はまだできないのでしょう。
何歳になったらそれが可能になるか興味があります。
安倍首相は幼少期だけでなく、成人を過ぎてもは周りは自分の言うとおりになっていたのでしょうね。(大学受験はそうでないのですが、彼は大学受験についてはなかったことにしているのでしょう)
「安倍天動説」はそんな環境で醸成されたのでしょう。
もっともあるレベルの思考回路があればどんな環境で育っても20歳ごろに天動説の間違いに気づくと思います。

|

« 安倍首相の天動説 | トップページ | 20数年ぶりの花火 まるで煙幕 »

コメント

昨日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
また覗きにきます!

投稿: Iwaguchi | 2014年8月30日 (土) 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍首相の天動説 | トップページ | 20数年ぶりの花火 まるで煙幕 »