« くわがた 昆虫採集 くまぜみ | トップページ |  インペリアルジャズ2014 »

2014年8月10日 (日)

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 生放送はTVの生き残る道

昨日長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典のライブを見ました。
その中で現在の統制されたメディアではありえないシーンを目撃しました。
被爆者の代表の女性が安部首相の前で首相の政策について被爆者の思いを踏みにじっていると怒りをもって非難しました。
原発の再稼働、原発の輸出だけでなく、秘密保護法や集団的自衛権の行使容認について戦争に向かう道と厳しく非難したのです。
この様な公式の式典では予稿は提出していたのだと思いますが、本番で書き換えたのでは。
生放送はすごいと思います。誰もいじることができません。放送を止めるしかないのです。
編集が入る新聞や録画放送ではありえない事実を知ることができました。
この発言に対してどのメディアがとりあげるでしょうか?本来は大きく取り上げるべきものですが。
あの会長がいるNHKや日テレはありえないでしょう。他局も右に倣えでしょうね。
朝日新聞も慰安婦の問題でそんな勇気はないのでは。
ただし今はYOUTUBEがあります。
日本も今後の政治はYOUTUBEがうごかすようになるのでしょう。

|

« くわがた 昆虫採集 くまぜみ | トップページ |  インペリアルジャズ2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くわがた 昆虫採集 くまぜみ | トップページ |  インペリアルジャズ2014 »