« デング熱 もっと科学的な人間による検証を | トップページ | 朝顔 園芸種 歪化技術 »

2014年9月 5日 (金)

放射線汚染物質の一時保管

放射線物質の一時保管場所について福島県知事は苦渋の選択ご事故現場の近くの場所の提供を了承しました。30年以降は県外に移送するとの条件付きですが。

30年後には安倍首相はたとえこの世にいてもわれ関せずの立場になっています。
放射線による害悪は30年経ってもほとんどかわりません。一方30年後画期的な処分方法が開発される可能性は限りなくゼロに近いです。
ということは30年以内との一時保管場所は実際は永久保管になると言うことです。
本来政治家は未来を見据えた政策を作るのがミッションのはずですが、残念ながら日本の政治家はその場しのぎしかできない人たちなのです。
そんな政治家を総理大臣として認める国民の民度も寂しいかぎりですが。

|

« デング熱 もっと科学的な人間による検証を | トップページ | 朝顔 園芸種 歪化技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デング熱 もっと科学的な人間による検証を | トップページ | 朝顔 園芸種 歪化技術 »