« 認知症予防 アルツハイマー型認知症 | トップページ | 年賀状 »

2014年12月29日 (月)

ハワイ レンタカー チャイルドシート

11月末のハワイはまずハワイ島ワイコロアでした。

今回は2歳9か月と12か月の孫二人も一緒です。
男は私だけなので、運転も私だけです。(女房も娘も運転免許はありますが下手なのでハワイでは危なくてNGです。)
私の海外での初めての運転は新婚旅行のハワイでした。今から36年前になります。
私の同僚が1年ほど前新婚旅行はやはりハワイでした。
オプショナルツアーは高いし自由がない、お前だったら問題ないと言われたのでレンタカーを借りたのです。(その頃は車が命の生活をしており、年間3万キロ以上(暴走)運転をしていました。)
当時は日本人でレンタカーを借りる人はほぼゼロだったので、日本語の地図はないし、店での契約も大変でした。
それ以来ほぼ毎年のハワイで借りています。
今回はホノルルからコナ空港に行き、そこでハーツに向かいました。
日本でチャイルドシート2台を予約しました。
両側にチャイルドシートを設置し、娘が真ん中に座ることにするとミニバンでないとだめだと言われました。
本当はフルサイズあるいはラクジュリークラスを運転したかったのですが。
(ミニバンはパワーが余りないので)
ハーツに行ったら、このミニバンで良いかと見たところ思ったより小さいものでしたが、OKしました。
ところが二つのチャールドシートをもって指定されたミニバンのところに行くと、何と2段目の席は真ん中が割れており、娘が座るところがありません。

日本で予約したときに娘が真ん中に座るためにミニバンでないとだめと言われて頼んだので店に戻ってそう話したところ、今もミニバンは2列目は真ん中が通路になっているとの一点張り。
どうしようもないので店長を呼び出し、強硬に抗議してやっとそれなりの車になりました。
二つのチャイルドシートの取りつけも日本のものと違うので四苦八苦してやっとつけました。
ここ10数年多少高くても車は新しいし、対応も良かったのでハーツにしていましたが、今回は落第です。
さらに2台のチャイルドシートは無料となるバーゲン期間だったのにもかかわらず、請求書は1台は有料とのこと。
数千円の話なので面倒なのでそのままにしましたが。
ハワイで小学生までのお子さんを車に乗せるときはチャイルドシートが必須です。
チャイルドシートなしで交通事故にあうと、子供だけが死亡する事故が多発した結果、チャイルドシートをしないで運転していると、罰金はかなりのものになるそうです。
さて、コナ空港からワイコロアまで走り出しました。
25年ほど前も同じ道を走ったのですが、今回は怖いと思いました。
年を取ったせいもあるのでしょうが。

片道一車線、中央線が書いてあるだけの道の流れは時速100km位なのです。
大型トラックとすれ違うと風圧で車が揺れました。
かつて時速200km位で東名・名神を走ったことがありますが、上下線場分離している高速道路の方が200kmでも怖くはありません。
道路のところどころにはブレーキ跡が路肩にむかっております。その後は溶岩のところに落ちたのだと思います。
対向車が居眠り運転、あるいは自分の車がパンクしてセンターラインをオーバーしたら、それで家族全員アウトになります。
100km同士の正面衝突だったらエアバックもへったくれもありません。
それでもどうにかワイコロアに着きました。

Photo
正面に見える三角の屋根は25年前にワイコロアにたどり着いたとほっとしたときのもので、私には忘れられないものです。

|

« 認知症予防 アルツハイマー型認知症 | トップページ | 年賀状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 認知症予防 アルツハイマー型認知症 | トップページ | 年賀状 »