« 駅伝観戦 | トップページ | 安価な発電が具体化されています »

2015年1月 4日 (日)

プロ野球No.1決戦バトルスタジアム 投げる・はしる・捕る

プロ野球No.1バトルスタジアムを見ていましたが、途中でやめました。

一流のスポーツマンの身体能力、運動能力を見たかったのですが、宮根がでて来たので。
それにしても彼らの選手としての潜在能力が見える種目をなぜ考えないのでしょうか?
私だったら次の競技をやりたいと思います。
ホームベースからセカンド方向にボールを投げ、そのボールを追いかけて捕球する競技です。
ホームベースから捕球したまでの距離を争うのです。
遠投力・制球力、走力、捕球技術という守備の三つの要素が一度に評価できます。
この競技ではイチロー選手は優勝候補の筆頭でしょうね。
三つの要素が全て優れていますので。
ちょっと計算したのですが、40数メートルが優勝記録になると思います。ギネスに認定されるきちんとした競技になると思います。(この競技が広まったらオリンピック種目になる可能性さえあると思います)
また、守備力を評価できますので、スカウトもその記録を参考にするでしょう。
この競技はどこかのTV局で是非採用してほしいと思います。
大リーガーも興味をもつと思います。

|

« 駅伝観戦 | トップページ | 安価な発電が具体化されています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駅伝観戦 | トップページ | 安価な発電が具体化されています »