« 円安誘導 アベノミク | トップページ | ユニバーサルスタジオ値上げ 日本の低迷 »

2015年1月 6日 (火)

リニア 13年後に開業予定

昨日のNHKの番組で13年後に開業予定のリニア新幹線が取り上げられていました。

東京オリンピック以降、新幹線が日本の発展に果たした役割は大きなものがありますが、それから半世紀もたったのに同様な話をしているのです。
リニア新幹線により現在の新幹線に加え東京大阪が二つのルートになるので、大きな震災があっても東京大阪間が断絶しないとのメリットがあるとのことです。
現在の新幹線がストップするような震災の場合、多少ルートが違いますがよりデリケート、高速なリニア新幹線が走り続けると考えることは無理があります。
むしろ震災で電力が不足するのですから、大電力を消費するリニアの幹線は壊れてなくても止めるべきでしょう。
リニア新幹線の消費電力の過半は空気抵抗によるものです。
空気抵抗は速度の3乗に比例します。速度が速くなると到達時間は反比例しますので、移動に必要な電力は速度の2乗に比例することになります。
つまりリニアは現行の新幹線の3倍程度電力を消費することになるのです。これはニュートンの力学の世界ですから免れることはできません。
ジェット機も地上では時速300km程度で飛びますが、空気の密度(気圧)が1/3程度になる上空1万メートルでは時速1000kmで飛ぶのです。
一気に上空に上がるのは、出来るだけ空気抵抗の少ないところに早く行って飛んで燃費を稼ぎたいからなのです。
空気抵抗を極限まで下げ、1000馬力も発生するF1も最高速度は450km位です。
地上1気圧での時速500kmの無謀さはこれだけ見ても分かると思います。

この番組に出演していた女優は名古屋に居を定め、仕事に際には東京に通っているとのこと。リニア新幹線ができたら40分になるので通勤にも使えそうみたいなことを言っていました。
現在の新幹線でも片道1万円以上かかります。
リニア新幹線はこの倍にはなるでしょう。毎日4万円だせる人は大企業のトップ位でしょう。

そもそも13年後のビジネスは人間の移動を極力少なくしていると思います。
いくらリニア新幹線が速いと言っても電気の速さ1秒30万キロには遠く及びませんし、人間の移動はお金がかかりますが、電子(情報)の移動は無料に近いものです。
高度で安価なTV会議システムが実用化されているでしょう。

人間の移動は大半が旅行目的になると思います。
今でもお金と時間がある人の旅行はゆっくり進む豪華船のクルーズです。
お金がなくても駅弁を食べたり途中下車したりの鈍行の旅がより思い出に残ることになるでしょう。
東京からトンネルを走り続け40分で名古屋につく旅なんてどうなんでしょう。運賃だけでも相当なものになります。
リニア新幹線は以上より間違いなく失敗します。
大電力を消費するリニア新幹線は原発利権と結びついているので強引にやろうとしているのです。

|

« 円安誘導 アベノミク | トップページ | ユニバーサルスタジオ値上げ 日本の低迷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円安誘導 アベノミク | トップページ | ユニバーサルスタジオ値上げ 日本の低迷 »