« メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった | トップページ | 信書とは  メール便 土日はどうする »

2015年1月24日 (土)

イスラム国 安倍首相 人質

今24日の午前7時過ぎです。

イスラム国に人質になっている人の回答期限は半日ほど20時間近く経過しました。

TVニュースでは安倍首相や菅官房長官の顔を何回となく見るのですが、全くと言って良いほど新たな情報はありません。
むしろ安倍首相は人質の生命より、自分の評価が下がらないかと気にかけて動いているように見えるぐらいです。
人質の一人の後藤さんの母親が昨日外国人記者の会見に応じました。
その中で奇異に感じたことが二つあります。
彼女の状況を考えれば論点が分からないということは当然ですが、その中で二つはそれとは別な話です。
一つは様々な人からこの会見はやめるべきとの電話が彼女にあったということ。
電話の相手は知り合いだけでないような口ぶりで彼女は圧力を感じていたようにみえました。
もう一つは彼女がイスラム国の話だけでなく、イスラムとキリストの対立による殺し合いと同様に原子力が人類を滅ぼすことにならないようにということをかなり長い間話していたことです。
彼女の声明直後解説者などから解説がありましたが、原子力の話については全く触れませんでした。
彼女は事件前にどんな思想を持っていたか知る由もありませんが、彼女の記者会見について政府サイドはかなり意識していて、その旨をTV局に伝えていたように思われます。
その結果解説者は原子力の発言は無視したのでしょう。
編集されたニュースで彼女の声明を見た人は彼女が原子力について話したことを知ることができません。
すでに政権に不都合なところはカットしてしまう報道姿勢をみると、今後秘密保護法によって、実態と全く違う報道がなされ、戦前のような日本になってしまうのでしょう。
それこそが安倍首相の夢なのですが。
今回の件も私に言わせればイスラム国と敵対している近隣国へ安倍首相が金のばらまいたことによっていると思いますが、それついての論評も見ることがありません。

|

« メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった | トップページ | 信書とは  メール便 土日はどうする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった | トップページ | 信書とは  メール便 土日はどうする »