« リニア 13年後に開業予定 | トップページ | 東電がガスも 日本のエネルギー政策 »

2015年1月 7日 (水)

ユニバーサルスタジオ値上げ 日本の低迷

ユニバーサルスタジオが値上げするというニュースを見ました。

大阪のユニバーサルスタジオは行ったことがありませんが、フロリダとLAのユニバーサルスタジオは行ったことがあります。
(LAのユニバーサルに行った時はたまたま大阪の開場日でした。その件で何かを期待していたのですが、そんなことを告知するものは全くなく、日本人として残念に思いました。)
大阪のユニバーサルは7200円になるとのことですが、米国ではユニバーサルもディズニーランドも1万円以上です。
私が行った時は日本と同程度だったのですが。
10数年の間に日米の経済状況は大きく変わった結果です。

さて、ヒルトンラグーンの年会費を払う時期になってきました。
私がタイムシェアーのオーナーになった15年前から年会費はドルベースで倍になっております。この円高で円ベースでは2.3倍ぐらいになっていると思います。
結果詐欺だとか騒いでいる日本人オーナーも結構います。
しかし金に厳しい米国人なのですがオーナーはそんなことを言っていないようです。
かつて大リーガーを代表する現役バリバリのホーナーという選手が日本に来ました。
当時の日本なら大リーガーの選手を呼べるだけのお金を払えたのです。
しかし現在は日本の有力な選手は皆大リーガーを目指します。
日本の数倍はもらえるからです。
私が初めてシンガポールに行った時、シンガポールの平均国民所得は日本人の半分ぐらいでした。
現在は日本人の1.5倍ぐらいになっています。
シンガポールはリー・クワンユーなど優れた政治家が国家の方向性を決めているのです。
リー・クワンユーはハーバードをトップで卒業していますが、それに比し安倍首相は心もとない限りです。
もちろん政治家は頭の良さだけで済むものではありません。
羽生名人は瞬時にあらゆる可能性について検討することができまるので名人位を守っているのです。
リー・クワンユーは将棋で言えば名人クラス、安倍首相は素人将棋の初段クラスなのでは。
そんな人がシンガポールの数十倍の国民の将来を決めて言い訳がありません。

かつては日本人は世界で第二位の所得を誇りましたが、現在は20数位になっています。

自民党政権が既得権益の上に成立しているので10数年の間に世界に取り残されたのです。
円安政策により日本の価値を下げて国際競争力を回復しようというのは長くは続かない政策です。
こんな円安政策を続けていれば2年以内に日本人の平均所得はシンガポールの半分になってしまうでしょう。
海外からの観光客が急増しているのは日本人の所得が落ちていることの証左です。

|

« リニア 13年後に開業予定 | トップページ | 東電がガスも 日本のエネルギー政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リニア 13年後に開業予定 | トップページ | 東電がガスも 日本のエネルギー政策 »