« 山椒の粉の蓋 親切?不親切?  | トップページ | メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった »

2015年1月20日 (火)

イスラム国による日本人殺害の警告

「イスラム国が日本人殺害を警告」ということでNHK総合が毎日大入りを続けている相撲をやめて臨時番組を放送しています。(相撲はEテレで放送されていますが)

安倍首相がエジプトでイスラム国による難民などに対処するために2億ドルの資金を提供するとの話をしました。
この時点で今回のことは想定されました。
いくら人道支援と言ってもイスラム国は西欧に支援する国はすべて敵と捉える可能性はあります。

私にすれば、今回の話だけでなく安倍首相の「積極的平和主義」は言葉のあやであり、実際は戦争への道を開くことなので、様々なテロが起こると心配していました。
政府は私の想定内の今回のテロの件に対し、あたふたしているように見えます。(安倍首相は危機管理能力は全くないようです。というか彼の頭脳については以前にUPしましたが、自分の言動が日本とは異次元の文化・風習にる人々に対してどんな影響を与えるかはとても考えられないのです。
あるレベルの政治家でしたら、自分で判断できなのなら、可能性について事前に調査するでしょう。それもやっていないので、二人の人質の生命が脅かされているのです。
安倍首相によって、イスラム国だけでなく、中東諸国から親近感を持たれていた日本への印象が大きく変わることになったのです。

今後自衛隊員が海外で攻撃を受けることだけでなく、今まではあり得ないことでしたが、国内で一般市民がイスラム国のテロにさらされるという恐ろしいことになりました。
未だに国民の40%程度が安倍政権を支持しているというのは私には全く信じられません。
日本人はそんなレベルなのかと絶望の毎日です。
子供孫の時代に日本はとんでもない国になってしまうかもしれないのに。
ps:
今TVのニュースで安倍首相は救出に対して何の意味もない話を繰り返しています。
安倍首相もすでにターゲットになっていると思いますが、一般国民にはSPがついていません。
欧州旅行も今後はテロのリスクがあるということになってしまいました。

|

« 山椒の粉の蓋 親切?不親切?  | トップページ | メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山椒の粉の蓋 親切?不親切?  | トップページ | メール便が廃止 日本は非効率の塊の国になりさがった »