« ヒデヨシ 制服の将校 | トップページ | 川内原発 火山のリスクで再稼働は不可 グリーンピース »

2015年2月22日 (日)

横須賀芸術劇場 文化祭 

2月21日、22日は横須賀芸日劇場で文化祭が開催され、友人が参加するので見学に行きました。

横須賀市民、横須賀に勤めている方などが対象とのことで、小学校の父兄からプロのレベルまで幅広い参加があったようです。
友人は2時45分からと聞いていましたので、少し早め2時に着席しました。
場内はがらがら、この劇場で初めての経験です。
そこで素晴らしいバイオリンの演奏を聴きました。
佐々木楽という若いバイオリニストでした。
テクニック、ピッチの正確さ、マナー、音楽性もすでにできており、びっくりしました。
帰宅して調べたら3年前の小学校5年の時入賞を果たしていました。
なので今は中学2年生なのでしょうね。
日本には将来プロの演奏家を目指しているバイオリニストが沢山いるようです。
そのレベルの高さは驚きです。
(私は小学校2年から5年間バイオリンを習いましたが、隔世の感があります)
横須賀出身のバイオリニストとして期待しています。
Photo_2
兄の小学校同級生にピアニストの野島稔さんがいます。横須賀出身ではトップの芸術家だと思います。
野島さんの家は音楽一家でした。私の母は野島さんのお母さんと親しく、野島稔さんが小学校低学年のときから知っています。
一台のピアノを二人で演奏するキャントルマンスタイルではレフレールがいます。
彼らは赤提灯「お太幸」の会長の甥にあたります。

さて、友人のウクレレバンドです。

Photo_3
ルアナOPPAMAウクレレクラブです。追浜にコミュニティーセンターが12年前にできたそうですが、同時期にスタートしたクラブだそうです。
ほとんど空席での残響時間は長く、極端にいえば体育館で聞いているようでした。
20年ほど前AVルームの開発をしていましたが、サントリーホールなどの音響設計をした永田設計事務所のお世話になりました。

AVルームみたいな狭い空間で良い音響を得るはデジタル的な処理が必要になり、苦労しました。
音響設計の本は多少読みました。
空席と満席では残響時間が変わるので、それを補正するハード的な装置も備える場合もあります。
昨日は空席と満席では音響特性が大幅に変わることを実感しました。
ただ、素人の合唱団の人にとって残響時間が長いところで歌うのはカラオケのエコーみたいな感じで気分は良かったと思います。
しかし、佐々木さんのバイオリンの演奏の時は速弾きの時細かい音がマスクされてしまい、残念に思いました。

|

« ヒデヨシ 制服の将校 | トップページ | 川内原発 火山のリスクで再稼働は不可 グリーンピース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒデヨシ 制服の将校 | トップページ | 川内原発 火山のリスクで再稼働は不可 グリーンピース »