« 卵子凍結 | トップページ | 日本の特殊部隊のレベル テロには全く対応できません。 »

2015年2月 7日 (土)

ライザップ 赤井英和

ライザップのCMで赤井英和さんのダイエットを見て女房は凄いと驚いています。
腹いっぱい食って水を飲んで腹を膨らませた上猫背にしたビフォーと、多分サウナで徹底的に水分を絞り身体に油を塗ったアフターの写真が使われているのだと思います。

私にしてみればボクサーやコンテストビルダーが試合の前にやる2か月の減量と同じことをしてだけだと思いますし、さらにただ痩せただけだとも思います。
ボクサーは体重制限のなかで、いかに強いパンチ力を出せるか、ビルダーはできるだけ大きな筋肉(バルク)そしてしまった身体(ディフィニッション)にするかのために猛烈な食事や水分の制限で体重を落とします。しかし筋肉は落ちないようなトレイニングします。しかし過酷な減量中に筋肉が大きくなることはありません。

目的は違いますがやり方はボクサーもビルダーも同じです。
ボクサーは計量を通過した途端猛烈に食べ飲み、人によっては計量後1日で5kg以上体重が増加します。計量後いくら体重が増えても試合は成立します。(体重増加の大半は水分です。試合中にスタミナ切れにならないように体にブドウ糖を蓄える必要もありますので炭水化物も大量にとります)
重量挙げも計量を通らないと失格になります。世界記録達成の際には再度の計量を通過しなければなりません。世界記録がとれそうな選手は難しい選択を迫られますね。
ボディビルダーはバルクとディフィニッションを保ったままコンテストにでるので、食事はしません。なのでコンテスト中ふらふらな人もいます。
赤井さんはディフィニッションはかなりのものですが、バルクは貧弱としか言えません。
あれを日本では細マッチョという独特な言葉で称賛していますが、まさに日本の常識は世界の非常識です。
あの上腕の太さ(細さ)で良く裸を誇らしく見せられると思います。海外で放映したら笑いものになるでしょう。

ライザップではボクサーやボディビルダー同様にきつい食事制限と筋肉をできるだけ落とさないように2か月間トレイニングを続けます。(タンパク質とビタミンミネラルは不足しないようにサプリメントは飲ませます)
しかし減量している2か月で筋肉を増加させるのはほぼ不可能です。(ステロイドを使った場合は多少大きくなりますが)
赤井さんは2か月のダイエットでむしろ筋力も落ちているはずです。
他人がみて筋肉が大きくなったと分かるには最低1年のトレイニングが必要です。例えば上腕囲を3cmぐらい増やすのには週2回きついカールのエクササイズを1年続けなければなりません。
赤井さんの大胸筋や上腕三頭筋をTVで見た限りではベンチプレスは60kgがやっとだと思います。(66歳の私ですが100kgはできます)
赤井さんも多額の報酬が得られるCMのため2か月のダイエット食をやりましたが、CM制作後は我慢する必要はなくなり、これから一年後にはリバウンドするでしょう。(既にリバウンドを始めているとの話もあるようです)
あれだけ体脂肪率を減らすと風邪を引いた時、さらに胃癌の手術で切除をしたときなどには大きな問題を引き起こすことになります。(体脂肪蓄積は食糧が手に入らないときの為に供えられた猿の時代からの機能ですから)
計量前のボクサーの体脂肪率は5%程度に落としますが、試合後は猛烈に食べ一月後には10%を越えます。そうしなければ筋肉が落ちてしまうのです。
(尚体脂肪率が4%以下では生命維持ができません。身体のしまったサッカー選手や野球選手に対してメディアは体脂肪率が5%とか言われますが、あり得ません。50メートルを5秒台で走るサッカー選手の話と同様に。100メートルのトップレベルの選手がやっと5秒台で走ることができます。もちろん短距離選手は50メートル時点でもサッカー選手より遥かに速いです)

|

« 卵子凍結 | トップページ | 日本の特殊部隊のレベル テロには全く対応できません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卵子凍結 | トップページ | 日本の特殊部隊のレベル テロには全く対応できません。 »