« イスラム国 原発再稼働 中国外交 沖縄の民意無視 安倍首相 | トップページ | 卵子凍結 »

2015年2月 2日 (月)

イスラム国のテロ 対応の仕方 安倍首相

イスラム国が安倍首相、日本国民に対して後藤さんだけでなく日本人全てがテロのターゲットと宣言しました。

それに対して政府は海外の日本人学校にテロに対して警戒するように通達しました。
フランスの新聞社「シャルリー・アブト」が襲われ12名が殺されました。
その中には護衛していた二人の警官も含まれます。

イスラム国の特殊訓練を受けた兵士は自分が殺されても構わないという狂信的な心構えで女子供関係なく襲撃してきます。
これに対して小学校の先生はどう対応するのでしょう。まさか刺又を増やすというわけではないと思いますが。
警戒を強めるなんてことで対応できないのは明白です。
事件後の安倍首相の顔つきをみていると、後藤さんが殺されることは織り込み済みだったように見えます。
むしろこのテロを自衛隊の海外派兵の追い風にしようとしているようにさえ見えます。
安倍首相は引責辞任させるべきです。野党は一致して追及してほしいと思います。
この引責辞任はテロに屈することではなく、従来からの平和主義に戻すことを国際的に宣言することになります。(波及効果として中国との関係改善にも役立つでしょう。)
今できるテロに対する最善の策です。
このまま安倍内閣が続けば国内でも悲惨なテロが発生すると思います。

|

« イスラム国 原発再稼働 中国外交 沖縄の民意無視 安倍首相 | トップページ | 卵子凍結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イスラム国 原発再稼働 中国外交 沖縄の民意無視 安倍首相 | トップページ | 卵子凍結 »