« 日本(の自衛隊は)は米国(米軍)のパートナー 安倍首相 | トップページ | 臨死体験 幽体離脱 »

2015年4月30日 (木)

安倍首相の米国議会での演説

安倍首相が米国議会で40分位の演説を行うとのことで、また日本人の会話力の恥をさらすかと思っていましたが、まさにその通りになりました。

演説の内容については色々あると思いますが、あんな話し方では米国人は何を言いたいのか分からず、またじれてしまうと思います。
あんなぶつ切り単語での話し方は英語ではありません。日本語を初めどんな言語でもないと思います。とくに英語は全体の流れが大事です。
かなり英語がうまい日本人も3歳ぐらいのアメリカ人の幼児に話すと、ほとんど通じません。
普段親から聞いている話し方と流れが違うからです。単語や文法で理解しているわけではありません。主語や述語なんて分かるわけはありませんのでいくら文法的に正確でも全く意味がありません。全ての音のつながりで判断しているのです。
米国人は大人になっても流れで意味を理解しています。なので帰国子女以外の日本人には到底理解できない猛烈なスピードの会話が彼らの間では成り立つのです。
日本以外の各国首脳の英語と比べて安倍首相の英語は圧倒的に酷いものだと思います。最悪なことは本人はそれなりだと思っていることです。(自分は選ばれた人間と思いこみ、裸の王様になって久しいので仕方ないのでしょうが)
オリンピックの招致の時の猪俣知事も酷かったですが、それよりもさらに酷いと思います。上院・下院で演説は間違いなく歴史的な事実です。
上院・下院合同への日本人の演説は初めてだそうです。安倍首相の夢想している「歴史的な演説」になったことは確かです。世界最悪の演説と言う意味ですが。
留学したとのことですが、あの英語力では日本人以外の友達はできなかったのでは。

|

« 日本(の自衛隊は)は米国(米軍)のパートナー 安倍首相 | トップページ | 臨死体験 幽体離脱 »

コメント

今の日本の英語教育では、まともに英会話ができるようになるのは、絶対に無理でしょうね。 世界を相手に対等に政治やビジネスで戦うなら英語力は必須でしょうね。 そう思う反面、世界を相手に日本語で勝負できるだけの地位を築きたいものです。

投稿: 影丸 | 2015年5月 6日 (水) 03:52

影丸さん、
30数年前にデトロイトで開催されたSAE(自動車学会)でペーパーを発表したことが2度あります。
私の中高は外国の神父や神学生がかなりおり、英語は英国・米国人だけでなくフランスやポルトガル、スペインなど様々な国の先生から習いました。
皆独特の訛りがありますが、日本人よりははるかにましでした。

なので一般の日本人よりはまともなアクセントで話したと思いますが、まともには通じませんでした。
そんな経験、そして横須賀に住んでいますので米国将校家族と積極的にお付き合いし、子供たちはそれなりの英語環境を作りました。
息子が大学2年の夏休み一月ちょっとスタンフォード大に体験留学みたいなことをしました。
大半は日本の大学生と台湾の大学生でした。(英語を公用語としていないアジア人のクラスの様です)
帰国後プレゼンのビデオを見せてもらいましたが、台湾の学生のレベルには驚きました。
学生の多くはTOEIC900点以上だと思われる素晴らしいものでした。
旭硝子時代の同僚は現在日本エスペラント語協会の会長をやっています。
文法がシンプルで誰にも習得しやすいということで世界共通語にしたいとの活動をしていますが、世界共通語としての英語はより強固になったような気がします。
日本語はおろか世界人口の1/:5を占める中国人の言語も共通語にはならないのでは。
ps:
30数年前のSAEで発の日本人の論文はほとんど通じていませんでしたが、安部首相のプレゼンはそれ以下でした。
安倍首相のひどいプレゼンについてどこのメディアも取り上げないのはおかしいと思います。
日本の英語教育の問題点そのものを表しているのですから。(安倍さんは留学だけでなく相当な英語教育を受けているはずです)
役人が翻訳・加筆した文章をぶつ切りに話すより、日本語で堂々とやるべきだと思います。
あのぶつ切りのプレゼンなら逐次通訳を使っても与えられた40分間はかかりません。

投稿: ふ み お | 2015年5月 6日 (水) 05:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本(の自衛隊は)は米国(米軍)のパートナー 安倍首相 | トップページ | 臨死体験 幽体離脱 »