« ラジコンジェット ドローン テロ | トップページ | 安倍政権の終わりの始まり »

2015年5月18日 (月)

救急車 有料化 iPhone

3月13日に大動脈解離を発症しましたが、3週間の入院を経て現在は自宅で5種の降圧剤を飲みつつ安静にしています。

1日500mlまでならビールもOKとのことなので、その程度は飲むようになりました。
以前は毎日2リットルぐらい飲んでいましたので、500mlは余りに少なく、ノンアルコールビールと混ぜて1リットルに増量しており、何とかしのいでいます。
さて救急車の有料化について検討されているとのニュースを見ました。
私の発症時、自宅に一人におりましたが、女房の外出後5分位だったので近くにいると思い、携帯ですぐに帰るように伝えました。今まで経験のない痛みでしたので。痛みも強かったですがわけのわからない痛みだったからです。
女房が帰宅してから入院準備してから救急車と思いましたが、痛みが激しくなり、帰宅を待っているとどうなるか分からないと考え119番をしました。
生れてはじめての119番です。(車の事故などでは110番は何回かありますが)
息がまともにできないほどの激痛になったのでiPhoneのタッチパネルはうまく押すことができませんでした。
3回トライしたのですが、諦めて固定電話で連絡しました。
激痛やパニックになった時はタッチパネルではうまくダイアルするのは難しいです。
さて救急車の有料化の件ですが、軽症の場合は有料化を検討しているようです。
限られた数の救急車を効率良く運用するために、軽症の場合はタクシーや家人の車で病人に行けということの様です。
有料化された場合、重症でも病院に行くのをためらう人もでてきるでしょう。
さらに軽症か重症かは本人や家族で判断できるのでしょうか?
私の場合突然背中に痛みを感じました。
最初はそれほどでもなかったのですが、5分ほどすると痛みがまし、また今までに経験したことのない変な痛みだったので、内臓が破裂したのかとも思い、女房に「死ぬかもしれないから、タクシーを拾ってすぐに帰ってほしい」と話しました。
その時点ではまだ普通に会話することはできました。
その5分後にはどうしようもなくなり、固定電話で119番したのですが、自分の住所をまともに話せない状況になっており、必死に何回も伝えたところやっと理解してもらえました。
その後痛みはピークを過ぎました。女房が帰宅、その後に救急車が来ました。
もし私が一人住まいで、何かの理由で119番をためらっていたら、電話をかけるタイミングを失い、例えば失神してそのまま死ぬこともあったと思います。
米国では救急車は民営、有料ということを市民は誰でも知っていますが、日本で救急車の有料化に変更するとなると、弱者対策を考えないと間違いなく孤独死は増加することになるでしょう。

|

« ラジコンジェット ドローン テロ | トップページ | 安倍政権の終わりの始まり »

コメント

救急車の有料化、してほしくないですが、タクシー代わりに使う方がいるようですので、運用は難しい問題ですね。 我が家でも昨年暮れ、救急車のお世話になりました。 家内が飼い猫に手を噛まれ、かなり腫れて痛みもひどかったのです。 ちまたの病院はすでに年末年始休暇に入り、ネットで探すも見つかりませんでした。 休日診療の医療機関は内科や小児科しかなく、とりあえず近くの内科の休日診療機関に行きましたが当然診てもらえません。 休日診療施設を紹介してくれるところにも尋ねましたがいずれも外科の診療はしてもらえる所がありませんでした。 その日はあきらめましたが、翌日ますますひどくなり、やむを得ず救急車のお世話になりました。 救急隊員の問い合わせで、何とか外科の病院を探し当て無事に処置してもらいました。 家内はこんなことで救急車を利用するのはと恐縮していましたが、他に方法もなく仕方なかったと思っています。 初めての救急車、正しい使い方ではありませんでしたが、大変に感謝しております。 当然無料で利用させていただきましたが、タクシー代プラスアルファの実費程度なら負担してもよいと思いました。

投稿: 影丸 | 2015年5月19日 (火) 14:26

コメントで書き忘れていた点がありますので追加させていただきます。 救急車の有料化ですが、有料化することでわるいなぁと思う気持ちがなくなり、今まで遠慮していた方々も含め、みんなが堂々と119番することになります。 それこそ赤信号も関係ないので病院直行、タクシーより便利です。 やはりマナー向上を啓蒙するしかないですね。

投稿: 影丸 | 2015年5月19日 (火) 16:10

フミオ様の問題定義、なる程と考えさせられます。
影丸様の書き込みも含蓄ありますね。
救急車=寝台車タクシー+救急病院検索システムですね。この後半部分の付加価値が大だと思います。従ってタクシーの深夜料金程度ならリーズナブルです!
恥ずかしながら同居していた頃の不肖の長男、夜中に急に具合が悪くなり、親を起こすのを躊躇い救急車で病院に行きました。明け方回復したら「車で迎えに来てくれ」と~
唖然としましたが、その彼も今や一児の父、子供の為にどうするか?
救急車、有料化は容認しますが民営化はチョット待ったが本音ですね。

投稿: アスペル山ちゃん | 2015年5月19日 (火) 18:26

有料か無料か(重症か軽症か)いつだれが判断するのか難しいですね。
医者はそんな面倒なことに関わる気はないでしょうから。

もし有料化するとしたら、例えば一律5万円を徴収し、入院したか、あるいは当日で診療が完結したとかで事務方が判断することが良いと思います。

入院すればそれなりのお金がかかります。その場合は全額返納すれば良いと思います。
一方日帰りならお金はほとんどかかりませんので、全額徴収してもそれほど問題はないと思います。

投稿: ふ み お | 2015年5月19日 (火) 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジコンジェット ドローン テロ | トップページ | 安倍政権の終わりの始まり »