« オスプレイの事故 | トップページ | 大木凡人 大動脈解離 酒 »

2015年5月20日 (水)

ビリギャル 有村架純 慶応大学

先日ジムの前にビリギャルを見ました。

あまちゃんでは、有村架純は団塊の世代にとって懐かしい青春時代のシンボルみたいなものでした。
偏差値を40上げたという事実にも興味がありました。
息子は慶応卒です。私は慶応には行きませんでしたが受験はしました。高校時代の仲間がいたので途中下車で日吉に行ったことも何回かあります。
この映画は慶応OBには支持されるでしょうね。
実話に基づいているとのことですが、実際はありえないシーンが見受けられました。
個別指導の塾で生徒と先生が大声で話すシーンが何回か出てきますが、複数の生徒がいる場所でのあんな大声の会話はありえません。
本当に高校2年で偏差値が30だった生徒が1年で70にできたら大手予備校からオファーがあり、今ではあの林先生みたいな存在になっているはずです。
私の母校の体操の先生が担任のクラスの過半数を東大に合格させました。
普通は1/3入れば良いほうなのですが。
受験科目とは関係ない体操の先生なのですが、生徒の信頼は厚く、みな苦しい受験勉強を乗り越えられる気合をもらったのでしょう。
翌年複数の大手予備校から相当な待遇でのオファーがあったそうです。
(現在も現役の体操の教師です。昨日もヒデヨシで一緒になりました)

|

« オスプレイの事故 | トップページ | 大木凡人 大動脈解離 酒 »

コメント

面白そうな映画ですね、主演が有村架純なら一見の価値ありですね。 それにしても体操の教師が東大合格者続出させるとは凄いですね。 「ドラゴン桜」という漫画を思い出しました。  あっ、そいえば今朝のフジTV特ダネでタレントの大木凡人さんの大動脈解離のニュースやってました、死亡率がかなり高いようですね。

投稿: 影丸 | 2015年5月20日 (水) 09:52

私も先ほど大木凡人の番組をみました。
私は病院につく前に10%、病院で10%、退院後3か月で10%が亡くなると聞きましたが、正確なデータはないようですね。
いずれにしても私が生還できたのは25年間のジム通いも味方したのではないかと思います。
少なくとも3週間の入院後でも体力的には同年齢の仲間より体力的には上でしたので。

投稿: ふ み お | 2015年5月20日 (水) 11:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オスプレイの事故 | トップページ | 大木凡人 大動脈解離 酒 »