« 日立の樹 モンキーポッドが咲いています | トップページ | 一票の格差 »

2015年7月 1日 (水)

機内で焼身自殺 

新幹線で焼身自殺がありました。
気の毒にも巻き添えで一人の女性がなくなりました。

ポリタンクに燃料を入れ、それをかぶって火をつけたようです。
飛行機で今回のようなことが起こったら墜落することになりますが、飛行機の場合はポリタンクを持ち込めません。
ポリタンクに入っていたのは灯油だと思います。法律上ガソリンスタンドはポリタンクにはガソリンを売りませんので。
ただ、油は赤っぽかったとの話もあります。ガソリンは灯油と区別するために赤い色の着色をしています。
ガソリンスタンドがポリタンクにガソリンを注入したとしたら今後そのスタンドは問題になりますね。

もし、自動車から抜いたガソリンをポリタンクに入れたとしたら、ガソリンは空気と混合すると爆発しますので、脱線につながる可能性もありました。
今回の焼身自殺ですが、なんで新幹線を選んだのでしょう。
誰もいない荒野でやれば巻き添えで亡くなる人は出なかったのに。
ただ、今回のような想定外の事象に対しては防ぎようがありません。
国内線の場合機内にかなりの量の液体は持ち込むことはできます。1万メートルの上空でガソリンを床にまき火をつけたら爆発で窓が割れ、一気に機内の空気が抜けます。まちがいなく機内はパニックになるでしょう。今回もパニックになったようですので。
場合によっては機体が破損し、墜落するかもしれません。
以下国内線の機内持ち込みの規定です。
アルコールとガソリンは色つきの瓶を密封して匂いがでなければだったら区別はできないでしょう。
・アルコール飲料:機内持ち込み可能
※アルコール度数が24%を超え、70%以下のものは、お一人様5リットルまで
・化粧品・医薬品(非放射性のもの):機内持ち込み可能
※1容器0.5kgまたは0.5リットル以下で、お一人様2kgまたは2リットルまで

|

« 日立の樹 モンキーポッドが咲いています | トップページ | 一票の格差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日立の樹 モンキーポッドが咲いています | トップページ | 一票の格差 »