« 三井アウトレットパークベイサイド コストコ | トップページ | 新国立競技場 ザハの設計は建築困難2 »

2015年7月 4日 (土)

アクセルとブレーキの踏み間違い 安全装置

アクセルとブレーキを踏み間違え、スーパーに突っ込んだとのニュースを今見ました。

高齢者による踏み間違えの事故は珍しくありません。
これに対する安全装置をなぜつけないのでしょうか?
一部の車は画像処理でブレーキがかかるものもありますが、アクセルを目一杯踏んだ場合この装置も機能しないのでは。
それよりもっと簡単、安価な方法があります。
あるレベル以上のショックを検出したら電子的にアクセルをストップ(燃料をストップ)させるのです。
エアーバックと同じ検出装置が使えます。
この事故の場合、車止めを乗り越えたり、スーパーに突っ込んだ後もアクセルを踏み続けて事故を大きくしている場合が大半です。
このシステムはショックを受けた後に機能しますので、事故を防ぐことはできませんが、大きな事故になることを防げます。
車止めを乗り越えて高層階にある駐車場から落ちるような事故はこの安価なシステムで間違いなく防げます。

|

« 三井アウトレットパークベイサイド コストコ | トップページ | 新国立競技場 ザハの設計は建築困難2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三井アウトレットパークベイサイド コストコ | トップページ | 新国立競技場 ザハの設計は建築困難2 »