« ハイビスカス ブーゲンビレア プルメリア | トップページ | 原発再稼働 計画停電 CO2削減 »

2015年7月30日 (木)

TPP マウイウエスティン カアナパリ

TPPがマウイ島のウエスティンで開催されています。

日本人にとってハワイはオアフ島ワイキキですが、米国人にとってのハワイはマウイ島なのです。
本土からマウイ島の直行便が数多くあり、彼らはそれで往復するのでワイキキに来ない人も多いのです。(ワイキキは本土の都市みたいなのでいやという人も多いです。私はダイアモンドヘッドを見ないとハワイに来た気がしないので、ネイバーに行っても必ずワイキキに泊まります)
マウイ島にはちょっと苦い思い出があります。
娘が2歳の時義母にあづけてハワイに10日間行き、マウイサーフとワイキキに泊まりました。今から29年前になります。
娘のことを気にしながらのハワイでしたが、アラモアナのマジックアイランドに行った時に娘と同じぐらいの女の子が砂浜で遊んでいるのを見た時にかなり動揺しました。同じぐらいの年齢だと人種が違っても動作が似ているのです。
しかし日本に電話してもどうにもならないのでやめました。
2週間ぶりに義母の家に行きましたが、娘は一分間ぐらい義母の手をしっかり握り、こちらをみているのです。そのうちに顔をくしゃくしゃにして抱きついてきましたが。捨てられたの思っていたのでしょう。
(最近この話をしたら「信じられない親」と言われました。)
当時米国人の人気商品だったマウイのホテル、レンタカー、飛行機のパッケージをワイキキで買いました。
当時はこれを利用すると日本の旅行社の半額ぐらいでネイバーに行けました。
その時ホテルがたまたまマウイサーフだったのです。
その時の写真です。

Photo
実はこのマウイサーフは現在TPPが開催されているウエスティンなのです。
当時このホテルの海側の半分は広い芝生に囲まれており、とても静かなところでした。
Maui_surf
しかし、ウエスティンになった現在その上の写真の左側の芝生のところにも様々なプールが作られ、ちょっとしたテーマパークのようになって子供が元気に遊んでいます。
またカアナパリはミニワイキキです。ちょっとがっかりしました。

今から20年ほど前六本木の外人バーに行きました。
そこの女性と話していたらハワイ出身、マウイで働いていたとのこと。
さらに話しているとマウイサーフのスタッフだったのです。
私たちが宿泊したときに彼女はそこで働いていたのです。
TPPがハワイで開催されると聞いたときカハラで開催されると思いましたが、やはり米国人はマウイが好きなのですね。
米国の高官は出張も夫婦同伴が基本ですので、奥さんの希望でマウイになったのでしょう。
本土に住んでいる中流以下の米国人は一生のうち一度はハワイに行きたいと思っています。我々はハワイは気楽に行けますが。
彼らはディズニーワールドには場合によっては途中ドライブイン(家族で40ドルぐらい)に二泊ぐらいして行きます。
ハワイ一回でディズニーワールドに5回ぐらい行けます。
日本人はHISの目玉商品だと5万円以下でハワイに行けます。彼らはその数倍払わないとハワイには行けません。
ホノルルからコナまでの往復だけで3万円ぐらいかかりますが、ホノルル往復、ホテル3泊のHISの5万円以下という価格設定はどうなっているのでしょう。

|

« ハイビスカス ブーゲンビレア プルメリア | トップページ | 原発再稼働 計画停電 CO2削減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハイビスカス ブーゲンビレア プルメリア | トップページ | 原発再稼働 計画停電 CO2削減 »