« ダウンタウン浜田はアウト  | トップページ | ライザップは時間の問題 同時に減量と筋肉増強は不可能 »

2015年8月22日 (土)

高感度、高解像度防犯カメラの設置 防犯効果は大きい

事件は中一の二人が死体遺棄されるたという最悪の形になりました。
この事件も防犯カメラが犯人逮捕に大きな役割を果たしました。

事件が起こると警察は周辺にある民間の防犯カメラの画像を集めます。
それらの防犯カメラは性能はまちまちですし、欲しいところには防犯カメラがない場合もあります。

画像解析には個別対応しなければなりません。
防犯カメラの性能の向上が著しく、ここ数年で解像度や感度が飛躍的に向上しています。
一方コストダウンも図られています。

公的な機関が防犯カメラを設置し、それを一元管理すれば迅速に犯人を逮捕できまた犯罪抑止効果も期待できます。

プライバシーの保護とかの意見もでてくるでしょうが、高性能の防犯カメラで監視されていれば安全性が高められるので、私は意に介しません。
今回の事件の現場になった夜間の駐車場ですが、最近の高解像度、高感度防犯カメラなら、ほぼ真っ暗な中人間の動きも捉えることができます。
安倍首相の政策によりバンコクの爆弾テロ同様外国人によるテロが日本でも起こりえる得ることになりました。
個人のプライバシーうんぬんするより犯罪抑止効果の高い防犯カメラの設置は急務だと思います。
100万台設置し、それを一元管理しても1000億円もあればできると思います。
オリンピックの予算のある部分をコストカットしそれを配分すれば1000億円は調達できます。
外国人観光客に対しても今後も「安全な日本」といることができます。


|

« ダウンタウン浜田はアウト  | トップページ | ライザップは時間の問題 同時に減量と筋肉増強は不可能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111127/62132574

この記事へのトラックバック一覧です: 高感度、高解像度防犯カメラの設置 防犯効果は大きい:

« ダウンタウン浜田はアウト  | トップページ | ライザップは時間の問題 同時に減量と筋肉増強は不可能 »