« エアセクション 人災 システムの瑕疵 | トップページ | どぶ板 アームレスリング »

2015年8月 8日 (土)

太陽光発電で酷暑による電力需要もOK

今朝の朝日新聞一面トップに「猛暑でも電力安定」という記事が躍っています。
この記録的な猛暑にも拘らず電力についての記事がないのでおかしいと、数日前にここにUPしました。

http://monkeyisland.cocolog-nifty.com/fromyokosuka/2015/07/co2-5bd7.html#comments
今朝の新聞の内容は私がUPしたものとかなり近いです。
この記事は何が何でも原発再稼働をしようとする安倍政権、財界、官僚等の原発利権サイドの人たちにとっては削除したいものでしょうね。
安倍首相は例によって訳の分からない反論をしてくるでしょう。
強烈な日射による酷暑はエアコンの消費電力を増加させますが、一方その日射は太陽光発電の発電力を増加させます。もちろん増加分の燃料コストは太陽ですのでゼロ、自然の恵みです。
原発は自然界では顕在化しない核物質のエネルギーを熱エネルギー、電気エネルギーとして利用していますので消費すれば最終的には熱に変換され地球温暖化に加担しています。
一方太陽光発電はもともと地球に降り注ぐ太陽エネルギーを電気に変換しているのですから、地球温暖化にはほとんど影響を与えません。
大地に降り注いだ太陽光エネルギーはほとんど熱に変換されますが、太陽光パネルは一部はガラスで反射し太陽光は宇宙に戻りますので、むしろ温暖化を防ぐ働きがあると思います。
再生エネルギーを抑制させたい安倍さんはどういうへりくつで原発再稼働の必要性を訴えるか楽しみですね。

|

« エアセクション 人災 システムの瑕疵 | トップページ | どぶ板 アームレスリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エアセクション 人災 システムの瑕疵 | トップページ | どぶ板 アームレスリング »