« 大雨 原発は大丈夫? | トップページ | 福島の原発事故現場 大雨 »

2015年9月10日 (木)

自衛隊ヘリでの救助

今回の大雨により泥水になかに孤立した人々の救助に自衛隊が出動し、活躍しました。
今回幸運だったのは風が余りなかったことです。
もし強風でしたらホバリングが難しいです。特に電線のある中で風が吹いていたらホバリングは出来ません。

いつ流されるか分からない木造家屋で助けを求めている被災者が釣り上げられるとほっとしました。

ただ、単に流れのない泥水の中で孤立した人をヘリで救助しているのを見ましたが、これは間違いです。

ヘリは基本的に不安定な飛行体です。
セスナの10倍以上事故率があります。
ゴムボートでも助けることができる人はヘリで救助することはおかしいです。
311の時に自衛隊のヘリでの救助を統括した山本海将補は私の後輩です。
彼はその後私と同じ大動脈解離で亡くなりました。
彼の活躍を記憶に留めていただけたらと思います。
http://monkeyisland.cocolog-nifty.com/fromyokosuka/2012/02/post-e7e5.html



|

« 大雨 原発は大丈夫? | トップページ | 福島の原発事故現場 大雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨 原発は大丈夫? | トップページ | 福島の原発事故現場 大雨 »