« 衆議院の2/3の議席はナチス同様な独裁政が可能です。 | トップページ | オリンピックエンブレム 見直し 世襲議員こそ若者の敵 »

2015年9月 1日 (火)

ネイチャー 安倍首相を批判

オリンピックの招致で「汚染水は完全にコントロールできている」というような大嘘を世界に向かって公言した安倍首相。(未だに釈明しないというか自分の発言を無視しています)

このことだけでも日本のリーダーとしての資格はないと思います。
福島原発の汚染水の垂れ流しについて科学誌「ネイチャー」は安倍政権の原発事故対策について警鐘をならしています。

ネイチャーは小保方事件で一般の人も知ることになりましたが、科学誌として世界最高の権威を誇っています。
私の甥はバイオ関連の研究を続けています。ネイチャーには掲載されるぐらいの研究成果をだしたいのですが、未だ実現していません。(ネイチャーの次のランクの科学誌には掲載されたことがあります)
ネイチャーは世界最先端の理学的な研究を扱う科学誌ですが、安倍政権を対象にした政治的なことについて言及しました。
これは極めて異例のことで、安倍首相の事故対策がいかに酷いものと言うことを示しています。

汚染水の問題は日本だけでなく間違いなく人類に対する脅威です。
放射性物質は水に流すなんてことにはならないのです。
オリンピックの招致の為に「完全にコントロールしている」なんて言う首相の存在は日本の品位を著しく下げるものです。
一刻も早く退陣してほしいと考えています。
そう考えない人はどのような思考回路なのでしょう。

|

« 衆議院の2/3の議席はナチス同様な独裁政が可能です。 | トップページ | オリンピックエンブレム 見直し 世襲議員こそ若者の敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衆議院の2/3の議席はナチス同様な独裁政が可能です。 | トップページ | オリンピックエンブレム 見直し 世襲議員こそ若者の敵 »