« タバコ、酒の年齢制限の緩和は原発再稼働と同じこと JT | トップページ | 独裁国家へ確実に進んでいます。 »

2015年9月 7日 (月)

宮根の望みは総理大臣? さすがに無理ですが。

宮根は何を理念にTVに出演しているのか理解できません。というか理念なんてなく、取りあえずは利権にすり寄ってその中に入り込み、人の上に立つと同時に金もうけが目的なのでしょう。

かつて女性関係の問題が表にでました。子供まで作ったとのこと。
これだけで彼の仕事はアウトなはずなのにまったく気にしていないようです。
というか、普通の男には経済的にもできませんので男の勲章ぐらいに思っているかもしれません。

宮根、安倍首相の顔を見ると血圧があがります。大動脈の内部の2層が裂けかろうじて生きている状況なので血圧上昇は致命傷になりえます。なので二人が出演する番組は見られません。
さらに二人が同時に出演する番組をみたら本当に危険なので見ませんでした。

後程のネットでの記事では宮根の本質が安倍首相出演の番組で馬脚をあらわしたようです。
まさに太鼓持ちを数百万人の視聴者に向かって演じたとのこと。高市同様の振る舞いです。
まあジャーナリスト?としてあり得ないこと、放送法にも問題があることができるのも渡邊恒雄が許している、というかやらせているからでしょう。
宮根は上の人間の意向にあえば何でもやりますから。逆も真で、意向に逆らうことは絶対やりません。

過去の遺物、ゾンビともいえる邊恒が、これからの若い人の人生に甚大な悪影響を与えることは許せません。
それにしても宮根の人生の目的はなんなんでしょう。
いずれ自民党から出馬し、橋下市長と競って総理大臣になり、独裁国家をつくり、やりたい放題をしたいのかもしれません。
これも嫌いな橋下は可能かもしれませんが、さすがに宮根は不可能です。

|

« タバコ、酒の年齢制限の緩和は原発再稼働と同じこと JT | トップページ | 独裁国家へ確実に進んでいます。 »

コメント


こんにちは。
 同じ関西に住む者として、宮根さんは本当に恥ずかしい
 限りです。
 人品賤しいとは、彼の事だと常々思っています。
 権力、著名人、お金にすり寄り 下の者には横柄極まり
 なく、、、。
 なぜ、関西の人達は 気づかないのか 不思議で仕方
 ありません。
 どうやら、芸能プロダクションの超大物がバックにいる
 とやら、、、。
 そこにも、上手く取り入ったのでしょう。
 あぁ、嫌な人間だこと。

投稿: 同感です | 2015年9月 7日 (月) 18:05

あんな宮根屋が全国放送されていることが信じられません。
しかし、彼を支持している人がかなりいるから今も番組はあるのでしょう。
刑務所に入らない範囲では最低の生き方だと思いますが。
彼の生き方を真似する後輩がでないことを願うばかりです。

投稿: ふ み お | 2015年9月 7日 (月) 20:37

 
 こんばんは。
 そうですね。何故あの賤しい生き方、言動が支持される のか 不思議でなりません。
 関西でも、あの番組は 要りません。
 何か大きな勘違いをしているのでしょう。
 なかなか真似しようとしても、普通の人には無理でしょ
 う。
 反面教師として、よく学習出来ていいかも。

投稿: 全く同感です | 2015年9月 7日 (月) 21:21

私の友人に数代にわたる名士が居ます。
彼は祖父から徹底的に帝王学を仕込まれたようです。
ノーブレス・オブリージュそのものの生き方をしています。(日本にもあることを彼を通して知りました)

私の子供たちが数年前に一度会ったことがありましたが、その圧倒的な生きざまにビックリしていました。

宮根さんは自分で選んだ生き方ではなく、あのような環境で育し、あれしか生き残れなかったのでしょう。
あの生き方は小さいときから一環してやってきたことで、死ぬまで変わらないと思います。まさに確信犯です。
宮根さんは人を信ずることができない人だと思います。

取り巻はいても親友はひとりもいないと思います。

それにしてもいつまでのさばせておくのでしょう。

投稿: ふ み お | 2015年9月 8日 (火) 09:56


 あの口で、どこまでいくのでしょうね。
 仰る通り、今までの生き方そのものでしょうね。
 益々増長していきそうな気もしますが、関西でもあの
 処世術を 快く思わない人や虫唾が走る位嫌う人は、
 我が家だけではありません。
 悲しいかな、大阪では 好む人達が大勢いそうです。
 彼が出演しているテレビを観ないようにするしかない
 ようです。

投稿: ほんとですね | 2015年9月 8日 (火) 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タバコ、酒の年齢制限の緩和は原発再稼働と同じこと JT | トップページ | 独裁国家へ確実に進んでいます。 »