« コロンブスの日 ヒデヨシ | トップページ | 金が全て 安倍政権 »

2015年10月12日 (月)

ESTA トラブル 2週間前には作業を完了がお奨め

エスタが始まったときは無料でした。
すぐに有料になりました。
昨年、女房が友人から頼まれネットで申請したとき、米国大使館のサイトと同様なトップページで、入力作業量はほとんど同じなのですが、中間マージンを取る詐欺的なサイトを見つけあわててやめさせました。結構引っかかる人はいると思います。
2000円程度ですが、毎日100人ぐらい引っかかれば20万円、何もしないで年7000万円にもなります。
まさに濡れ手に粟の世界です。

ESTAがはじまってから、面倒とおもいつつ作業をしていたのですが、今回厄介なことになりました。
女房の分の申請をし、最後にクレジットカードで14ドルの支払いを進めていると突然画面が消えてしまいました。何の理由か分かりません。

作業を繰り返しお金を払う段階になると受け付けられないとのこと。
前に申請したものと同じ内容なのでダブルに申請したと判断したようです。

なので取りあえず私のものを申請したのですが、こちらはスムーズにできましたので作業に間違いはありません。

暫く時間を置いて女房の申請をしたところ、今度はうまく行きました。
お金も払いました。しかし、何と72時間申請を認可するかどうか分からないとのコメントがきました。
お金を払ったのになんということでしょう。
30時間位経過して確かめたところ認可されていることが分かりましたので安心しました。
何回もエスタの申請の経験があるので、どうにかなると思っていましたが、初めての人だったらかなり動揺するでしょうね。

航空券、アコモは数か月前に手配は終わっています。成田の駐車場、両替なども終わっています。
ESTAの期限は2年間なので、2週間前に手配しました。
もっとぎりぎりにやろうとも思いましたが、今回のようなトラブルがあることを考えると2週間ぐらい前にはやった方が良いと思います。
もし申請が却下されたらアメリカ大使館と電話あるいは出向いて交渉する必要があるのですから。

|

« コロンブスの日 ヒデヨシ | トップページ | 金が全て 安倍政権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロンブスの日 ヒデヨシ | トップページ | 金が全て 安倍政権 »